MENU

CLOSE

血液障害の原因と対処方法

血液には赤血球・白血球・血小板など多くの成分があり、血液障害と単に言ってもその種類は様々です。血液障害の症状の種類や特徴、原因や対処方法についてご紹介していきます。

サイトキャラクター
カインくん

血液障害の種類や特徴について一緒に調べてみよう!

血液障害の原因① 急性白血病

貧血や感染、出血傾向が主な症状として見られる病気です。造血幹細胞が様々な血球に分化していく過程で異常が起こり、分化をやめた細胞(白血病細胞)が骨髄中で増殖していきます。骨髄が白血病細胞に占拠されてしまうことにより、正常な血球が作れなくなってしまうことで、末梢血中の正常な白血球や赤血球・血小板が減少して症状が起こります。

動悸や息切れ、ふらつきといった貧血症状が起き、発熱や臓器への症状も表れます。基本は抗がん治療が行われ、適宜輸血などの支持療法も行います。

血液障害の原因② 慢性骨髄性白血病

血液細胞のもととなる造血幹細胞の異常により、どんどん血球がつくられてしまう病気のことを言います。病気が進行すると未熟な血球が増えてしまい、急性白血病と同様の状態になってしまいます。

慢性期にはほとんど症状がありませんが、急性期になると急性白血病と同様、貧血症状や感染症状、出血症状などの症状があらわれます。放置すれば急性期になるため、進行を止めるための治療が必要です。

「チロシンキナーゼ阻害薬」と呼ばれる内服薬が慢性期治療の方法であり、急性期に移行してしまった場合には、抗がん剤を併用した治療が考えられます。

血液障害の原因③ 悪性リンパ腫

白血球の一種である「リンパ球」という細胞ががん化することにより、異常に増えてしまう病気です。リンパ節が腫れてしこりができ、腫瘍ができた場所によって症状が様々に異なります。進行のスピードもまちまちであり、画像検査や内視鏡検査などを行いながら、放射線治療や化学療法を組み合わせた治療が行われます。

これらの治療だけでは効果が得られなかったような場合には、造血幹細胞移植を行うこともあります。リンパ腫の種類や患者の年齢・病状に応じた治療選択が重要です。

血液障害の原因④ 多発性骨髄腫

リンパ球が成長して免疫グロブリンというたんぱくを産生するようになると「形質細胞」と呼ばれ、この形質細胞ががん化した病気が「多発性骨髄腫」と呼ばれます。役に立たない免疫グロブリンばかりを産生するため、免疫機能が低下してしまいます。

骨がもろくなって病的骨折を起こしたり、血液中のカルシウム値が異常に高くなることで、のどの渇きや意識障害、腎機能障害を起こすこともあります。高齢の方に多い病気ですが、まれに若年層でも発症ケースが見られます。無症状の場合は経過観察ですが、症状がある場合には化学療法・放射線照射が行われます。

血液障害の原因⑤ 再生不良性貧血

血液細胞のもととなる造血幹細胞が減ってしまうことにより、正常な血球が作られなくなる病気です。原因がはっきりしない突発性をはじめ、薬物やウイルス感染、有機溶媒などが原因で起こる続発性のものもあります。

難病にも指定されている病気で、治療方法は重症度や患者の年齢によって異なります。軽傷・中等症の場合には経過観察のみか、免疫抑制剤で治療。重症の場合は血縁者のドナーがいる場合に、同種造血幹細胞移植が推奨されます。血縁のドナーがいなければ免疫抑制療法がおこなわれます。

血液障害の原因⑥ 血友病

血液中に存在する凝固因子が減ってしまったために、血が固まりにくくなってしまう病気です。血友病には先天性と後天性の2種類があり、凝固因子が不足していることから出血症状が見られます。血小板が少ない際の出血とは異なり、間接内や筋肉内が中心となっているのが特徴。間接内での出血は間接の変形や拘縮をきたし、「血友病性関節症」をもたらします。

先天性血友病の場合は、足りない凝固因子を凝固因子製剤で補う補充療法がおこなわれます。後天性血友病の場合は、低下している凝固因子とは違う凝固因子を投与して治療を行います。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分