MENU

CLOSE

悪性リンパ腫の原因と対処方法

このページでは、悪性リンパ腫とはどのような疾患なのか、そして考えられる原因や治療方法などについてまとめています。

悪性リンパ腫とは?どんな疾患なのか

悪性リンパ腫とは、白血球の一部であるリンパ球ががん化した血液がんのひとつです。リンパ球にはさまざまな種類があり、B細胞(Bリンパ球)やT細胞(Tリンパ球)、NK(ナチュラルキラー)細胞といったものがあり、免疫においてさまざまな役割を果たしています。
この悪性リンパ腫が発生するのは大きく2つに分けられており、ひとつが「リンパ系組織」、そしてもうひとつが「リンパ外臓器」です。リンパ系組織とは、細菌やウイルスといった病原体から体を守る役割を持つ免疫システムの一部。リンパ液が流れ込んで免疫機能に関わる組織や臓器は全身にありますが、例えば扁桃腺や脾臓などがあり、これらとリンパ管・リンパ節をまとめて「リンパ系組織」と呼びます。リンパ系組織は全身にあるため、悪性リンパ腫はさまざまな部位で発生する可能性があるといえます。

悪性リンパ腫になる原因

悪性リンパ腫が発生する原因は明らかになっていませんが、健康な状態の場合はリンパ球の中でがん細胞が生まれたとしても免疫の働きで排除できるため、がんは発生しません。免疫力が低下している状態だと、リンパ球の中で生まれたがん細胞を排除できず悪性リンパ腫が発生するといわれています。
また、細胞内の染色体異常によってがん遺伝子が活性化することや、ウイルスや細菌などへの感染も発症に関連していると考えられています。悪性リンパ腫の発生に関連しているウイルスとしては、HIVウイルスやピロリ菌、C型肝炎ウイルス、ヒトT細胞白血病ウイルスなどあるとされています。

悪性リンパ腫の症状

悪性リンパ腫は、初期の段階ではリンパ節の多いところに痛みがないしこりが現れるのが特徴です。しこりが現れやすいのは首や脇の下、足の付け根などがあります。ほとんどの場合ははじめは痛みを伴いませんが、稀に痛みを感じることもあるようです。
症状が進行した場合にはしこりや腫れが全身に広がり、体重の減少や発熱、寝汗、かゆみなどが現れるようになります。さらにしこりによって気道や血管、脊髄などが圧迫されて気道閉塞や血流障害、麻痺といった症状が現れることもありますし、悪性リンパ腫が転移した場合にはそれぞれの転移先で特有の症状が見られるため、早急な治療を要する場合もあります。

悪性リンパ腫の治療方法

悪性リンパ腫の場合、基本的には化学療法や放射線療法が中心となりますが、進行度合いや種類によって治療法が異なります。また化学療法や放射線治療による効果が十分に得られないといった場合には、造血幹細胞移植などを行うこともあります。ただし、ゆっくりと進行するタイプの場合には定期的な経過観察を行い、なんらかの症状が出たりした場合に治療を行うといったケースも。
ここでは、さまざまな治療法についてご紹介します。

化学療法

悪性リンパ腫における主な治療方法です。治療を行う際には注射・点滴・内服によって抗がん剤を投与し、がん細胞を消滅させる・小さくすることを目的とします。治療に用いられる抗がん剤はさまざまなものがありますが、悪性リンパ腫の種類によって4〜5種類を組み合わせることが一般的です(「多剤併用療法」と呼ばれています)。
化学療法は入院や外来治療によって行われ、3〜4週間を1コースとして何度か行われます。治療中は吐き気や嘔吐、骨髄抑制、口内炎、脱毛などさまざまな副作用が起こりますが、対策を立てた上で治療が行われます。

分子標的治療

がん細胞に関わる分子を標的とする薬剤を分子標的薬と呼びます。抗がん剤と組み合わせて投与されます。
この分子標的薬にもさまざまな種類があり、代表的なものが「リツキシマブ」で、がんになったB細胞に多く現れる「CD20」という分子を標的としています。他にもイブリツモマブ チウキセタンやブレンツキシマブベドチンなどがあり、症状や状況によって使用されます。

放射線治療

X線の照射によってがん細胞の破壊や損傷を目的とする治療法です。病巣が1つで小さい場合や早期の場合に、放射線治療のみで行ったり、短期間の化学療法と併用して行われるケースもあります。
治療における副作用は皮膚炎やだるさ、吐き気などがありますが、その程度は人によって異なります。もし副作用の症状が強く見られる場合には、その症状を和らげるための治療が行われます。

造血幹細胞移植

事前に採取した造血幹細胞の投与により、骨髄治療を回復させるための治療方法です。大量の化学療法や全身への放射線治療などを行った後に行われています。標準的な治療を行ったとしても再発の可能性が高いケースなどで行われます。

悪性リンパ腫の予防

悪性リンパ腫ははっきりとした発症原因がわかっていないことから、確実に予防する方法はないとされています。そのため、定期的な健康診断・早期発見が非常に重要です。また、リンパ節に腫れが見られる時にも医療機関を早めの受診も大切といえるでしょう。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分