MENU

CLOSE

アトピー性皮膚炎の原因と対処方法

アトピー性皮膚炎の原因については、いまだに解明されていない部分もあります。皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態にアレルゲンの侵入やストレスなどの環境要因などが重なって起こると考えられています。アトピー性皮膚炎に悩んでいる方は、ぜひこのページを参考にしてみて下さい。

アトピー性皮膚炎とは?どんな疾患なのか

日本皮膚科学会によると、アトピー性皮膚炎は「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」とされています。(アトピー性皮膚炎治療ガイドラインより)要約すると、かゆみのある湿疹で、よくなったり悪くなったりを繰り返す、アトピー素因を持つ疾患をアトピー性皮膚炎と定義されています。このアトピー素因とは、本人または家族がアレルギー性の病気を持っていること、アレルギーと深い関係がある免疫物質である「IgE抗体」を作りやすい体質を持っていることを指しています。つまりアトピー素因とは、「アレルギーを起こしやすい体質」であると考えるとよいでしょう。

アトピー性皮膚炎になる原因

アトピー性皮膚炎は、現代の医学でもいまだ解明されていない部分もあります。一般的に認識されている原因としてはアトピー素因やバリア機能の低下している皮膚状態といった体質的な要因と、アレルギー症状を起こすアレルゲン物質や皮膚への外部刺激などといった環境的な要因の2つが考えられています。この体質的要因と環境的要因が重なった際に皮膚炎の症状が現れると考えられています。ただし、アトピー性皮膚炎の憎悪原因や症状の出方は人によって異なります。例えば同じ衛生用品を使用していても症状が起こる人・怒らない人と分かれますし、以前は大丈夫だったが今回は症状が出た、といったこともあり得ます。その時の体調やストレス環境によっても異なることがありますが、これはアトピー性皮膚炎がいくつもの要因が重なって影響する多因子性の疾患であるためです。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の主な症状はアトピーならではと表現されるかゆい湿疹です。このかゆみは特徴的な湿疹と分布に加え、繰り返すという特徴も広く認識されています。赤みのある湿疹や盛り上がりのある湿疹、水分の多い湿疹やゴツゴツしたしこりのような湿疹がよくみられ、かいてしまうことによってさらに皮膚が分厚くゴワゴワした状態となりかさぶたができたりします。また、湿疹が発生しやすい部位・場所にも特徴があり、こちらについても個人差がありますが顔や耳、首回り、わきの下、ひじの内側、太ももの付け根、ひざの裏側などに多く症状がみられます。また、その他にも左右対称に症状が出やすいという特徴も持っています。

アトピー性皮膚炎の治療方法

アトピー性皮膚炎は、適切な治療を行うことにより症状がコントロールできる状態が長く維持されると「寛解」という症状がなくなっている状態にまで改善が期待できる疾患です。患者の環境などにより再発の可能性はあるため、完治したとはなかなか言えない疾患ですが、年齢と共にある程度の割合で寛解したり症状の軽い患者であるほど寛解しやすいとも言われています。治療の進め方としては薬物療法や外用療法・スキンケア、悪化因子の検索と対策を行うことが中心となります。複雑な多くの原因が背景にある疾患であるため、完治はできなくとも炎症を抑えたりバリア機能の低下を防ぐなどを目標に治療が進められます。

アトピー性皮膚炎の予防

アトピー性皮膚炎は発症してしまうと完治させることはできないとされている疾患ですが、発症を抑えるための予防策を講じます。主に行われる予防策としてはバリア機能の低下を防ぐ保湿薬の塗布や、食物アレルギーが明らかな場合には食べ物に注意を払うこと、ダニやホコリ・花粉といった生活環境の改善などがあります。また、アトピー性皮膚炎は心身医学的な側面もある疾患ですので、ストレス環境にも注意が必要となっています。さらに、皮膚バリア機能の低下により皮膚感染症にかかりやすくなってしまうこともありますので、皮膚を清潔に保つスキンケアを心がけることが必要です。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分