MENU

CLOSE

汗疱(かんぽう)の原因と対処方法

汗疱とは汗の出口が炎症を起こしてしまい生じる疾患です。てのひらや手指以外にも足の裏や足の指にも症状が見られるため、水虫とも混同されがちですがまったく異なる疾患である汗疱について、原因や対処法を解説します。

汗疱(かんぽう)とは?どんな疾患なのか

汗疱とはてのひらや足の裏などにできる、いわゆるあせものことをいいます。皮膚に汗が溜まってできる皮膚の炎症で、症状が軽い場合には特別な治療を行わずとも2~3週間程度で治ることが多い疾患です。手足に小さい水ぶくれができたりふやけて皮がめくれるといった症状を持っており、病名としては聞きなれない疾患ですが、多くの患者がこの症状で皮膚科を受診するほど日常にありふれている疾患です。汗疱はウイルス性ではないため人にうつしたり感染する心配はありませんが、かゆみが強い場合や症状が通年見られる場合においては皮膚科で診察・検査を受けることをおすすめします。

汗疱(かんぽう)になる原因

汗疱ができる原因は明らかではありませんが、汗をよくかくような人にみられることが多い疾患です。そのため汗が間接的に影響を及ぼしていると考えられており、さらに何らかの要因で汗が身体から排出できず皮膚の内側が酸性化することにより炎症を誘発するとも言われています。これらの現象がなぜ発生するのかという要因ははっきりと解明されていませんが、食べ物や金属・化粧品などといったものに対するアレルギーが原因になっているケースもあるようです。また、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎を合併していたり、ストレスなどが一因になっていることもあります。

汗疱(かんぽう)の症状

汗疱の主な症状としては、てのひらや手の指、足の裏や足の指などにブツブツが出たり皮がむけたりするものがあります。水疱のできはじめにはかゆみがでることもあり、場合によっては少し赤みを帯びたりすることもあります。その後症状が落ち着いてくると日焼けの後のように薄皮がむけていきます。症状は季節の変わり目などに出やすく、またてのひらや足の裏に汗をかきやすい方にも多く見られています。小さなお子さまや小中学生、高校生といった活発に活動して汗をかきやすい年代にもよくみられる症状となっています。かゆみが強く赤みを帯びている場合には「汗疱性湿疹」や「異汗性湿疹」と呼ぶこともあり、特に足にできる場合には水虫と思われて受診する方が多い疾患です。

汗疱(かんぽう)の治療方法

汗疱は症状が現れた時に早めに対応することがおすすめです。小さな水ぶくれでかゆみがない場合には水仕事を控えたり、手洗い・入浴後にはタオルでしっかりと乾かすように注意しましょう。高温多湿の状態を避け、室内は除湿や換気により環境を調整するとよいでしょう。こまめに汗を拭きとるといった行動も効果的ですので、ハンカチは常に携帯するようにしましょう。通常であればこのような対応で症状は改善していきますが、かゆみが強い場合や症状が改善しない場合には医療機関を受診するとよいでしょう。医療機関ではステロイド外用薬により炎症を抑えたり、強いかゆみがある場合にはアレルギー剤・抗ヒスタミン剤を投与します。汗疱は再発しやすい疾患でもあるため、こまめな手洗いや汗拭きにより再発防止に努めることと、症状によっては皮膚科に相談するとよいでしょう。

汗疱(かんぽう)の予防

汗疱の予防方法としては、こまめな汗の拭きとりをはじめシャンプーや洗剤などの見直し、水仕事の際の手袋着用、刺激物や油分・糖分を控えるなどがあります。 シャンプーや洗剤はノンシリコンタイプや天然由来の洗浄成分を使用しているものを選んだり、場合によっては手汗を抑制する「小指湿布」を使ってみるのもよいかもしれません。両手の小指に冷感タイプのパップ剤を貼ることにより、緊張性の手汗を抑える効果があると言われています。角質が硬くなると汗が出にくくなってしまうため、こまめな保湿も推奨されます。手袋の着用時などは、長時間装着することにより汗をかいた状態で密閉するのは避けるべきです。一気に汗をかいたりすることも汗の詰まりを誘発することになりますので、望ましくありません。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分