MENU

CLOSE

手湿疹(主婦湿疹)の原因と対処方法

炊事や洗濯などといった水仕事が多い主婦などに多い疾患のため「主婦湿疹」とも呼ばれる手湿疹について、原因や対処方法を記載しています。手湿疹の症状に悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

手湿疹(主婦湿疹)とは?どんな疾患なのか

手湿疹とはその名前の通りであり、手にできる湿疹や炎症の総称です。手に触れる物質の刺激やアレルギーなどによって生じ、症状としては軽い「手荒れ」が進行したような状態と考えられています。皮膚の見た目に症状が出るのみならず、かゆみや痛みなどに悩む人も多くなっています。美容師や調理師などといった職業上どうしても化学物質を含む洗剤や水を多く使用する方たちや水仕事の多い主婦などにも多い疾患となっており、特に乾燥肌やアレルギー体質、アトピー性皮膚炎などを持っておりバリア機能が低下している状態であれば手湿疹が起こりやすいと考えられています。近年では感染予防対策として手洗いや消毒の徹底を求められる機会が増えているため、大人のみならず子供でも症状が出ることが増えています。

手湿疹(主婦湿疹)になる原因

人間は通常、皮脂膜と呼ばれる保護膜によってさまざまな刺激から皮膚を守っています。ところがてのひらについては皮脂を分泌してくれる皮脂膜が少なく、その代わりに皮膚表面の角質層が厚くなっていることにより手を保護しています。しかし継続的な水仕事や摩擦などのさまざまな刺激の影響によって、厚い角質層もバリア機能が大きく低下してしまいます。その結果としてカサカサとした症状やかゆみを発生させ、ひどくなると炎症になったりひび割れが起こりやすくなり痛みを伴うことがあります。特に洗剤などをよく使用する場合、その物質そのものが原因となり物質自体の毒性や刺激性が強いことから発症するケースが最も多いと言われています。

手湿疹(主婦湿疹)の症状

手湿疹はさまざまな症状が出ます。皮膚の赤みやかゆみ、小さなぶつぶつが発生するなどの症状が入り混じって発症することが多いとされています。手湿疹の症状ではカサカサと乾燥してしまうタイプの人と、水疱ができるなどによってジュクジュクとしてしまうタイプの2通りがあります。主としては利き手の親指・人差し指・中指の指先からの発症が多く、皮膚が乾燥してはがれ落ちたり指紋がなくなっていくといった症状が見られます。他の指やてのひら全体にも広がっていき次第に手の甲にまで症状が広がることがあります。一時的なケアで仮に症状が治まったとして、元の原因を絶たなければ再発を繰り返して長引くケースやさらにひどくなって膿んでしまったりすることもあるため注意が必要です。

手湿疹(主婦湿疹)の治療方法

乾燥により手湿疹の症状が出る場合、最も気軽に取れる対策が保湿です。手湿疹は皮膚のバリア機能が通常の方より低くなってしまっているため、こまめにしっかりと保湿するクリームなどを塗ることが重要です。炎症を起こしてしまい特にかゆみなどがひどいケースであればステロイド外用剤を使用し、できるだけ触らないようにするといった注意が必要です。ドラッグストアなどで薬品を購入する場合においては薬剤師や登録販売者に相談し、症状が長引く場合や繰り返し発症する場合には早めに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

手湿疹(主婦湿疹)の予防

手湿疹は水仕事などにより手のバリア機能が低下してしまい発症します。そのため、水仕事をする際や刺激の強い物質を取り扱う際には手袋をするなど、直接的な原因物質に触れないという対応が望ましいでしょう。加えて、一定のバリア機能をキープするためにもこまめな保湿を行うことも効果的だと考えられます。特に水仕事を行った後や手洗いを行った後などに保湿剤を使用することにより、皮膚の保護や乾燥の防止に取り組むことができます。市販の保湿剤やハンドクリームを使用する場合には、保湿効果の高い尿素やワセリンを含むものを選ぶのがよいですが、傷がある場合に尿素を含む薬剤を使用するとヒリヒリと刺激が伴うことがあるため避けた方がよいでしょう。クリームタイプより軟膏タイプの方が保護効果も高く刺激も少ないため、おすすめです。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分