MENU

CLOSE

脂漏性皮膚炎の原因と対処方法

思春期以降、特に30代から40代に差し掛かると頭皮のフケが多くなったり、大きめのフケがこびりついたりすることがあります。さらに顔面の中でも眉毛や鼻の両脇などが赤くなったりしてしまう脂漏性皮膚炎について、原因や対処法などを解説しています。

脂漏性皮膚炎とは?どんな疾患なのか

軽症の場合はただのフケ症だと思われてしまい医療機関を受診せずに放置されることも多いですが、脂漏性皮膚炎はフケの発生・顔面が赤みを帯びる・脂っぽい細かい皮がこびりつくといった症状の出る疾患です。かゆみはあまりありませんが、放置してどんどんひどくなってしまうと頭全体がフケだまりになってしまい、硬い皮で覆われてしまいます。一度症状が出てしまうと慢性的な経過をとることが多いため、自然に治ることは困難だと言われています。カビが原因と言われている疾患であり、外気に直接触れる顔や頭皮は特に影響を受けやすく、炎症や湿疹が生じやすくなっている疾患です。

脂漏性皮膚炎になる原因

脂漏性皮膚炎の原因について、その詳細はまだ明確に分かっていない部分も多くありますが、遺伝的な要因や環境的な要因、精神的ストレスなどが関与している多因子疾患であると考えられています。近年では皮膚に常在しているマラセチアというカビ(真菌)の一種が発症に関与しているとも認識されており、重要な症状の悪化因子であると考えられています。このマラセチアというカビ自体が皮膚に炎症を起こしてしまうことに加え、皮脂成分を皮膚の常在菌が遊離脂肪酸に分解することにより刺激を与えるために脂漏性皮膚炎を発症してしまうと言われています。

脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎は頭皮や髪の生え際、眉毛、耳の後ろ、鼻のわき、わきの下、股間部、ひざの裏などによく症状が見られます。これらの部位は皮脂を分泌する脂腺が発達した部位で「脂漏部位」と呼ばれます。症状としては痛みはなくほとんどの場合かゆみもありませんが、患者によっては軽微なかゆみを伴うことがあります。患部の皮膚が赤くなりフケや乾燥したうろこ状のフケが出てくる症状が主となっており、かさぶたのようなもので患部が覆われることもあります。乳児であっても発症することがありますが、乳児型のものは一過性が多く、正しいスキンケアを行えば自然治癒します。しかし成人型の脂漏性皮膚炎の場合は一度発症するとよくなったり悪くなったりを繰り返し、多くは慢性的な経過をたどることとなります。

脂漏性皮膚炎の治療方法

頭皮のかゆみやフケなどの症状は、シャンプー・リンスの洗い流しによるかぶれでも起こり得ますが、いつまでも治らず症状が続く場合は脂漏性皮膚炎を疑うとよいでしょう。皮膚に赤みなどがなく乾いたフケだけがでる場合はいわゆる「フケ症」ということもありますが、患部に炎症が出ている状態であれば皮膚科でステロイド外用剤により炎症を抑える治療を行います。また、症状によってはカビの繁殖を抑えるための抗真菌外用剤を併用することもあります。

脂漏性皮膚炎の予防

日常においてできる予防策としては、皮膚を清潔に保つことと生活習慣を見直すことがあります。まずは正しい洗顔や洗髪を行い、皮脂の溜まりやすい部位を清潔に保つようにしましょう。洗顔や洗髪に気を付けてもコンディションが整わず改善が見られない場合、使用しているシャンプーやせっけんなどを変更することもよいでしょう。抗真菌薬を含んだものを使用することにより、頭皮環境の改善に役立つことがあります。さらに日々の睡眠不足や過度なストレスは皮膚症状の憎悪因子となります。肌の調子が悪いと感じた場合には、十分な睡眠をとるようにしましょう。また、気分転換できる時間を取るなどしてストレスを溜めないことも効果的です。入浴・洗髪時には爪を立てたりゴシゴシこすらず、泡で優しく洗うようにしましょう。暴飲暴食や偏った食生活も皮膚症状を悪化させることがあるため、栄養バランスの整った規則正しい食生活を心がけることも意識するとよいでしょう。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分