MENU

CLOSE

糖尿病の合併症について

糖尿病の合併症といえば、三大合併症と呼ばれることもある網膜症、心筋梗塞、脳梗塞などが有名です。しかし、糖尿病が原因となって引き起こされる症状は、この三つだけではありません。神経障害や閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)、さらには歯周病も、糖尿病が原因となって発症する合併症の一つとされています。
糖尿病の合併症の多くは、その原因ごとに、「細小血管障害」か「大血管障害」、あるいは、「どちらにも当てはまらないもの」に分類することができます。このページでは、糖尿病の合併症を、その分類ごとに紹介していきます。

サイトキャラクター
カインくん

糖尿病の合併症について一緒に調べてみよう!

主な糖尿病の合併症の一覧

糖尿病の合併症には、大分すると「急性合併症」と「慢性合併症」の二つが存在します。

「急性合併症」とは、一度に大量の糖分を摂取すること等によって異常な高血糖が発生し、昏睡といった緊急の処置が必要な症状が現れる合併症です。糖尿病ケトアシドーシスや高浸透圧高血糖症候などが、この緊急合併症に分類されます。他方で、年単位で進行・悪化するのが「慢性合併症」です。網膜症や心筋梗塞、脳梗塞といった合併症はこの慢性合併に分類されます。

さらに、「慢性合併症」はその原因ごとに、

  • 細小血管障害
  • 大血管障害
  • どちらにも当てはまらないもの

の3つに分類されます。

「細小血管障害」とは、糖尿病が原因で、毛細血管といった、身体組織の微細の血管が損傷することによって発症する合併症です。「大血管障害」は、糖尿病によって動脈硬化が進行し、身体のなかの比較的大きな血管が、狭くなったり詰まったりすることで発症する合併症です。網膜炎や腎症が細小血管障害に、心筋梗塞や脳梗塞が大血管障害に分類されます。また、その他の慢性合併症としては、歯周病や感染症があります。

細小血管障害の種類

網膜症

網膜症とは、眼球奥にあるスクリーン状の組織である網膜の血管が、糖尿病が原因で損傷することによって発症します。発症初期の段階では、目立った自覚症状はありませんが、症状が進行すると、最悪の場合には網膜剥離といった、失明につながる症状を引き起こすことがあります。

神経障害

神経内の血管が糖尿病によって損傷することで起こるのが神経障害です。どの神経の血管が損傷するかによって、症状は異なります。例えば、

  • 感覚神経の血管が損傷した場合には、「手足の痺れ」といった症状が
  • 運動神経の血管が損傷した場合には「太ももや臀部の筋力低下」といった症状が
  • 脳神経の血管が損傷した場合には「眼球運動障害」といった症状が
  • 自律神経の血管が損傷した場合には「泌尿器および生殖器に関する異常」や「発汗に関する障害」といった症状が

それぞれ現れてきます。なお、上記の症状はあくまで一例となります。

神経が障害されるため、症状が現れてきた場合にも、症状があることの自覚が遅れることが多いのが、神経障害の特徴です。

腎症

腎臓内部の糸球体と呼ばれる組織が、糖尿病によって損傷を受けることで発症するのが糖尿病腎症です。発症初期の段階では目立った自覚症状が無いため、定期的に病院で検診を受けることが、早期発見、および、治療の上では重要になってきます。他の腎症と同様、食事療法が有効です。

大血管障害の種類

心筋梗塞・狭心症

心筋梗塞と狭心症は、どちらも、糖尿病が原因で心臓に血を供給している冠動脈で硬化が進行することで発症します。このうち狭心症は、冠動脈が狭くなり、心臓への血の供給量が少なくなっている状態です。胸部で激しい痛みを覚える、といった症状が現れてきます。この冠動脈の血管が狭くなっている状態で、血栓などによって冠動脈が詰まってしまい、心臓への血の供給が完全に止まってしまうのが心筋梗塞です。心臓への血の供給が完全に止まってしまうと、心臓組織が壊死してしまうため、胸部に強烈な痛みを感じます。

脳梗塞

糖尿病が原因で動脈硬化が進行し、脳内の血管が詰まることで発症するのが脳梗塞です。閉塞する血管の場所によって、その症状は大きく変わってきます。代表的なものには、

  • 半身麻痺
  • 言語障害
  • ものが見えにくくなったり、二重に見えるようになる

といった症状が挙げられます。また、一部の脳梗塞は、自覚症状がないまま進むこともあるので、注意が必要です。

閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)

糖尿病が原因で、足部で動脈硬化が進行することで発症するのが閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)です。進行の初期段階では、足部が青白く変色する、といった症状が現れてきます。症状がさらに進行すると、歩くたびに足部に強い痛みを覚える、といった症状が現れてきます。そこから、症状の進行がさらに進むと、安静時にも足部で強い痛みを覚える、といった症状が現れ、進行の最終段階では、小さな怪我がきっかけで潰瘍や壊疽が生じ、最悪の場合には、足部の切断が必要になります。

その他の合併症

ED(勃起不全)

男性は、性的刺激が神経を通じて男性器(陰茎)に伝わると、海綿体の動脈が広がり勃起状態になります。しかし、血管が動脈硬化を引き起こすなどで十分な血流を得ることができないと、十分な勃起が起こらなくなります。動脈硬化と神経障害が関連した、糖尿病とEDの関係について解説しています。

歯周病

あまり知られていませんが、歯周病も、糖尿病の合併症の一つとして発病することがあります。糖尿病と歯周病の間には深いつながりがあり、反対に、歯周病治療を行うことで、糖尿病の症状が改善した、という臨床研究も報告されています。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分