MENU

CLOSE

ED

糖尿病の合併症というと、三大合併症と呼ばれることもある脳梗塞、心筋梗塞、網膜症等を思い浮かべるという方は多いかもしれません。しかし、あまり知られてはいませんが、ED(勃起障害)もそうした糖尿病の合併症の一つであると考えられています。
いくつかの研究の報告によると、男性糖尿病患者のおよそ2~3人に1人はEDの自覚症状を持っているとのこと。さらに、自覚症状を持たない人も含めると、実に男性糖尿病患者の全体の八割以上がEDを合併している、と報告する研究もあります。
このページでは、そうした糖尿病の合併症としてのEDについて、その原因、治療法などについて、詳しく見ていきます。

「ED」の症状

EDとは勃起不全のことで、性行為を行うための勃起が得られない、もしくは維持が困難な症状を差します。
男性は、性的刺激が神経を通じて男性器(陰茎)に伝わると、海綿体の動脈が広がり勃起状態になります。しかし、血管が動脈硬化を引き起こすなどで十分な血流を得ることができないと、十分な勃起が起こらなくなります。これがEDの症状です。
糖尿病をはじめとした、血圧・血管系の病気(高脂血症など)で併発するリスクが高い疾患です。

糖尿病が「ED」を引き起こす原因

糖尿病がEDを引き起こす原因としては、主に、以下の三つが挙げられます。

動脈硬化

高血糖の状態が続くと、身体中で動脈硬化が促進していきます。この動脈硬化が原因で、内腸骨動脈から陰茎動脈にかけての血量が低下すると、勃起機能が大きく損なわれることになります。
また、性器海綿体の毛細血管は、身体中の血管の中でも、最も細い血管の一つ。したがって、糖尿病を原因とする動脈硬化によって引き起こされる血流低下の影響を最も受けやすい場 所でもあります。

神経障害

勃起は、性的刺激によって引き起こされた脳細胞の興奮が、神経を通じて陰茎海綿体の神経にまで伝達されることで起こります。糖尿病の合併症の一つとして神経障害がありますが、この神経障害によって、脳の興奮が陰茎海綿体の神経まで伝わりにくくなってしまうのです。

海綿体の機能不全

「平滑筋が弛緩できること」は、勃起が正常に起こるためには不可欠です。ところが、糖尿病が原因で、海綿体動脈といった内皮細胞の「内皮型一酸化窒素合成酵素」(eNOS)の活性が低下すると、この平滑筋の弛緩が起こりにくくなってしまうのです。

上記のような、何らかの身体機能の損傷を原因とするEDを「器質的ED」と呼びます。この「器質的ED」に加えて、糖尿病を原因とするEDには、他にも、糖尿病によって精神が抑うつ状態になることで発症する「心因性ED」や、糖尿病薬や降圧剤等を原因とする「薬剤性ED」などもあります。他の病気と比較しても、糖尿病には、EDを誘発する因子が特に多いといえるでしょう。

「ED」の検査方法

EDの明確な自覚症状がある場合に、その原因が糖尿病であるかどうかは、HbA1cの数値や糖尿病になってからの期間といった要素から判断していきます。

「ED」の治療方法

他の糖尿病の合併症と同様、食生活の見直しといった生活習慣の改善は、糖尿病EDの治療の際にも非常に重要です。また、一般的なEDの治療のために使われる治療薬を使用しての投薬治療も有効です。

サイトキャラクター
カインくん

糖尿病にはEDを引き起こす因子が多く存在するなんて知らなかったな…。他の合併症と同じように、生活習慣の改善が重要なんだね。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分