MENU

CLOSE

神経障害

糖尿病患者の方が罹患する合併症の内で、最も多いものの一つとして知られている神経障害。
その症状は多岐に渡り、手足のしびれといった感覚神経の異常から、太ももや臀部の筋肉量の低下といった運動神経の異常、さらには、たちくらみが起こりやすくなるといった自律神経の異常まで含まれます。こちらのページでは、そうした糖尿病が原因で発生する神経障害の、詳しい症状や、その原因、治療法などについて見ていきます。

「神経障害」の症状

上記の通り、糖尿病を原因とする神経障害の症状は非常に多岐に渡ります。以下では、それぞれの神経ごとに、異常が生じた時に発生する代表的な症状をまとめてみました。

感覚神経

  • 手足のしびれや、ものに触れた際の感覚が鈍くなるといった、「感覚の異常」
  • 無痛性心筋梗塞といった「心臓や血圧調整に関わる異常」

運動神経

  • 太ももや臀部の筋肉量の低下や、手足のしびれや痛みといった「四肢の異常」

脳神経

  • 眼球運動障害や顔面神経麻痺といった「目や顔面に関する異常」

自律神経

  • 胸焼けやなどの胃の不調や、便秘や下痢といった「胃腸運動に関する異常」
  • 排尿障害や残尿、並びに勃起障害といった「泌尿器および生殖器に関する異常」
  • 汗をかかなくなるといった「発汗に関する障害」
  • 無自覚性低血糖といった「血糖コントロールに関する異常」

「神経障害」の自覚症状とは?

糖尿病が原因で起こる神経障害の難点は、症状の自覚が伴いにくいという点です。例えば、糖尿病で感覚神経に障害が起きてしまっている方が、手に怪我をしてしまったとしています。感覚神経が障害されているため、当人は当然、痛みをほとんど感じることがありません。
結果として、神経障害に気がつくことが遅れてしまうことになるのはもちろん、大きな怪我でも軽い怪我と勘違いしてしまうこともあります。また、神経障害が原因で、他の合併症の存在に気が付きにくくなることもあります。

糖尿病が「神経障害」を引き起こす原因

結論から言えば、糖尿病が神経障害を引き起こす原因については、現在でもまだはっきりとはわかっていません。
一説では、高血糖の状態が続くことで「ソルビトール」という神経障害を起こす物質が神経細胞内に蓄積することが原因であるといわれています。
また、高血糖が原因で毛細血管の血流が低下し、神経細胞が必要とする酸素や栄養が不足するから、という説もあります。

「神経障害」の検査方法

糖尿病が原因で起こる神経障害の症状は、上記のように多岐に渡るため、検査の際には疑れている症状に即して検査を受ける必要があります。例えば、感覚神経や運動神経の障害の検査には「アキレス腱反射テスト」等を、自律神経の障害の検査には「心拍変動検」等を受ける必要があります。

「神経障害」の治療方法

症状が軽度なものであれば、血糖コントロールが有効な治療法となります。症状が進んでいる場合には、症状に合わせた治療が必要です。例えば、痛みが出ている場合には、鎮痛剤等の投薬での治療が必要となります。

サイトキャラクター
カインくん

神経障害は神経に起きる障害だから、症状が自分の体で起きていることにもなかなか気が付きづらいんだね。他の合併症と同じで、血糖コントロールが治療にも予防にもなるから、生活習慣の改善にとりくむのが大切だね。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分