MENU

CLOSE

網膜症

生活習慣病の一つにも数えられている糖尿病ですが、糖尿病によって引き起こされる合併症は、身体の様々な箇所に影響を及ぼします。
こちらのページでは、そうした糖尿病の合併症の一つであり、時には失明を伴うリスクもある網膜症について、紹介していきます。

「網膜症」の症状

糖尿病に罹患し、網膜症の疑いがあるという診断を医師から受けたとしても、ある日、突然に失明してしまうわけではありません。糖尿病の合併症としての網膜症には進行段階があるからです。

  1. 単純網膜症
    糖尿病による網膜症の初期の段階です。網膜の血管が亀裂し、網膜に斑点状のシミを作ることがありますが、この段階では自覚症状はありません。
  2. 増殖前網膜症
    網膜の血管の一部が閉塞を起こしている状態です。血管が閉塞を起こした箇所では組織が酸欠してしまい、軟性白斑とよばれる白い斑が生じてきます。この段階まで症状がすすむと、レーザー治療などを用いながら、症状を安定させることが必要となります。この段階でも、自覚症状はありません。
  3. 増殖網膜症
    網膜上の酸欠になっている箇所に酸素を補う為に、網膜に新生血管が作られている状態です。新生血管は非常に脆いため、硝子体内で出血しやすく、また、新生血管があまりにも増えすぎてしまうと、網膜を引っ張って網膜剥離を起こすこともあります。この段階になると、急激な視力の低下といった自覚症状を伴ってきます。

糖尿病が「網膜症」を引き起こす原因

網膜とは、眼球の奥にある、スクリーン状の組織のこと。私達が普段、当たり前にものを見ることができるのも、この網膜の上で瞳孔から差し込んだ光が象を結ぶからです。
この網膜には、細い血管がいくつも張り巡っていますが、糖尿病によって高血糖の状態が続くと、この血管に傷が付き、網膜症の原因となることがあるのです。

「網膜症」の検査方法

上記の通り、糖尿病の合併症としての網膜症は、症状が大きく進展するまで、自覚症状を伴わない場合がほとんどです。糖尿病と診断されている場合には、自覚症状の有無に関わらず、定期的に眼科を受診するようにしましょう。

「網膜症」の治療方法

網膜症の治療は進行段階によって異なります。単純網膜症の段階では、血糖値コントロールが最も推奨される治療方法です。
しかし症状が進行した増殖網膜症の段階では、レーザー治療などを用いながら、新生血管の発生を防ぎ、症状を安定させていくことが必要となります。
増殖網膜症の段階では、眼の中にある出血や濁りを取り除き、網膜の増殖膜や網膜裂孔の治療するための硝子体手術といった外科手術が必要になるケースがあります。

サイトキャラクター
カインくん

網膜症は、自覚がないまま進展していくんだね。早期発見のためにも、糖尿病と診断されたらできるだけ定期的に眼科で検診を受けるようにしたほうがいいね。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分