MENU

CLOSE

椎間板ヘルニアの原因と症状

「ヘルニア」とは、臓器などがあるべき場所から外に出てしまった状態のことを言います。椎間板ヘルニアは、椎間板が老化や運動などで本来の位置からはみ出した状態のことです。ヘルニアが発生する部分によって3つに分類され、それぞれ頸椎椎間板ヘルニアと胸椎椎間板ヘルニア、そして腰椎椎間板ヘルニアになります。最も多いのが腰に発生する腰椎椎間板ヘルニアで、50代をピークにして男性は女性の約2倍の確率で発症します。
このページでは、椎間板ヘルニアについて紹介しています。発症する原因や症状についてくわしくまとめていますので、ぜひご参考にしてください。

椎間板ヘルニアが起こる原因

体の中心を通る脊椎(背骨)は、24個の椎骨が積み重なって作られています。上から7個の椎骨は頸椎といい、12個を胸椎、そして下から5個が腰椎です。椎間板はそれぞれの椎骨の間にありクッションの役割を果たしています。
椎間板は髄核とよばれる、水分をたくさん含んだゼリー状の組織を、「線維輪(せんいりん)」というコラーゲンの繊維でできた組織が包みこむ構造になっています。加齢によって椎間板が老化すると、髄核が線維輪を破ってはみ出しやすくなってしまいます。このとき押し出された髄核が神経を圧迫して、痛みが発生してしまうのです。
椎間板は縦方向の圧力には強いのですが、曲げる・ひねるという方向には弱い性質となっています。そのため、腰を曲げて重いものを持ち上げたり、体を強くひねったことがきっかけとなって腰椎椎間板ヘルニアを発症する場合が多くあります。また、長い間悪い姿勢でいることや喫煙などが原因となることもあります。
ちなみに、頸椎椎間板ヘルニアは、交通事故によって起こる場合が多くなっています。胸椎椎間板ヘルニアを発症する人はそれほど多くなく、外傷などのきっかけがみられないケースが多いです。

椎間板ヘルニアの症状とは?

椎間板ヘルニアによる痛みやしびれは、発生する部位や状態によって異なります。
腰椎椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛による足の痛み・しびれ、筋力の低下、腰や臀部の痛み、歩行困難などの症状がみられます。前かがみになったり椅子に座ったりするときに、痛みやしびれが強くなることが多くなります。
また、腰椎椎間板ヘルニアには急性型と慢性型があり、急性型は急に重い荷物を持ち上げたときや、くしゃみをしたときなどに起こるものです。激しい痛みで歩くことができなくなる場合もありますが、症状は次第に軽くなっていくきます。しかし、そのまま放っておくと椎間板から髄核が押し出されてしまい、神経を圧迫して慢性的な痛みに変わっていきます。
腰椎は5個の椎体と5個の椎間板で構成されていますが、ヘルニアになりやすい場所は主に2か所です。一つ目は第四腰椎と第五腰椎の間にある椎間板で、ふくらはぎの外側から足の親指にかけて痛みやしびれが起こります。二つ目は、第五腰椎と仙骨の間にある腰椎で、膝の後ろから足の裏側にかけて痛みやしびれが起こります。
前かがみになったり背中を丸めたりしたときに神経が圧迫されて、痛みやしびれが強くなり、背中を伸ばしているときや寝ているときは痛みが楽になることが多いのが特徴です。
頸椎椎間板ヘルニアは、症状に2つのタイプがあり、一つは首の痛みと片方の手や肩に強い痛みやしびれが生じます。もう一つは、両手に痛みとしびれが生じて、ボタンがかけづらかったり箸が使いにくかったりする症状です。ときには足のもつれなどの歩行障害が出てくることも。
胸椎椎間板ヘルニアは、歩行障害、足のしびれ、脱力感などの症状がありますが、痛みはほとんどありません。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分