MENU

CLOSE

靭帯損傷による関節痛の原因と症状

膝には4つの靭帯があります。この靭帯に交通事故やスポーツなどで大きな衝撃が加わることで、損傷が生じる場合があります。
靭帯は場所によって「内側側副靭帯」「外側側副靭帯」「前十字靭帯」「後十字靭帯」に分けられますが、これらの人体に損傷が加わってしまうことを「靭帯損傷」を呼びます。靭帯が損傷すると腫れや痛みが生じ、日常生活に支障をきたすことになります。
このページでは、靭帯損傷が起きる原因や実際の症状、治療方法などについてまとめています。

靭帯損傷の原因

靭帯損傷は起きてしまう原因は、損傷を受けてしまった靭帯によってそれぞれ異なります。内側側副靭帯が損傷した場合にはひざ下が外側に向く「外反力」が、外側側副靭帯の場合はその逆に「内反力」が強制されることにより、損傷が起きます。前十字靭帯の場合はひざ下が前方・内側に向かう力が、後十字靭帯は後方に向く力が損傷の原因として挙げられやすくなっています。

力が加わってしまうケースとして良く挙げられるのは、交通事故やスポーツです。ラグビーやサッカーなどの接触プレーが原因で損傷が起きやすいのは内側側副靭帯。バスケットボールやスキーといった、ジャンプ時の着地衝撃や急速な切り返し動作によって体重が膝にかかることで、前十字靭帯が損傷するケースもあります。

後十字靭帯は膝を強く打ち付ける動作で損傷しやすいのが特徴ですが、4つある靭帯の中でも最も強い靭帯であるため、あまり損傷を受けません。外側側副靭帯も単独で損傷することは珍しく、強い衝撃を受けた際などには、他の靭帯と一緒に損傷を受けるケースが多く見られます。

靭帯損傷の症状とは?

靭帯損傷の初期症状として挙げられるのは、膝に生じる痛みや動かしづらさ、腫れなどです。この際の腫れは関節内血種と呼ばれます。靭帯損傷の症状は2~4週間程度経過することにより、いったん落ち着きを見せます。しかし、損傷部位によっては関節の不安定感や歩行障害が起きやすくなってしまうため、そのまま放置するのは危険です。

靭帯損傷を放置してしまった場合には、痛みが慢性化したり、膝に水(関節液)が溜まる「関節水腫」が生じたりしやすくなります。通常の動作では問題が感じられなくても、しばらく休んで再び運動を始めると膝に痛みを感じたり、関節が外れたりといった症状まで起きるリスクがあります。

前十字靭帯が損傷した場合には、「ぽきっ」「ぷちっ」といった音が聞こえ、強い痛みで動けなくなるケースも考えられます。膝の不安定感を感じる場合には、下り坂を降りたり、体をひねったりする動作で症状がハッキリすることが多くあります。

靭帯損傷の治療方法

靭帯損傷は早めに症状をはっきりさせ、治療に取り掛かるのが理想です。まずは人体を痛めた状況や膝の状態を確認し、膝に特定の動きを与えて様子を見る「徒手テスト」を行います。必要に応じてMRI検査やエックス線検査を行いながら、周囲の骨の外傷や、骨のズレ具合をチェックして、どの靭帯をどのくらい損傷しているかを確認します。

治療方法は損傷した靭帯とその具合によって異なります。内側側副靭帯や外側側副靭帯を損傷した場合は、初期段階での治療が可能なら手術を行わず、保存的治療で回復が期待できます。ケガをした直後は安静にし、ギプスなどで固定。その後はサポーター・テーピングをしながら少しずつ膝を動かして、元の状態へ戻します。

これに対して前十字靭帯や後十字靭帯が損傷してしまった場合には、外科的治療を行う他はありません。他の組織を代用して靭帯を再建する手術が一般的となっており、靭帯再建を目的として太もも後ろ側の「ハムストリング腱」や膝全面にある「膝蓋腱」が使われます。手術の後は早い段階からリハビリテーションを実施して日常生活に戻ります。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分