MENU

CLOSE

半月板損傷による関節痛の原因と症状

半月板とは、膝関節の間にある三日月の形をした軟骨組織のことです。半月板は膝の内側と外側の2枚に分かれて存在しており、膝を安定させる役割や、歩いたり走ったりする際にもクッションの役割を果たしています。半月板損傷は、その半月板が外部から加えられた衝撃・圧力などによって損傷を受けてしまった状態のことを指します。
このページでは、半月板損傷の原因や症状、治療方法についてご紹介します。

半月板損傷の原因

半月板損傷が起きてしまうのは、半月板に衝撃や圧力が加わってしまうのが理由です。一度の激しい衝撃で損傷してしまう場合と、加齢に伴ってダメージに弱くなっている半月板に、微妙な衝撃が加わり続けて損傷してしまう場合とで分かれています。

激しい衝撃や圧力で半月板が損傷してしまう場合には、交通事故などによるけがや、スポーツで強い力を加えてしまった場合、無理な動きをした場合が考えられます。加齢によって変性を遂げた半月板には、体重を加えた状態で体をひねったり衝撃を受けたりといったことがきっかけで、半月板が損傷することもあります。

また、先天的に半月板がそもそも三日月形ではなく、半月や満月のようが形状をした人もおり、こうした場合には小児の頃から半月板損傷を起こしやすくなっています。原因は人によって多岐にわたるため、生じた損傷の形も携帯によって変性断裂・水平断裂・縦断裂など、様々な種類に分類されています。

半月板損傷の症状とは?

半月板損傷の原因は様々あり、症状も複数種類見られます。主に半月板損傷の症状として見られるのは、膝に生じる痛みや腫れ、関節の可動域の制限などです。例えば膝の曲げ伸ばしをする度に痛みを感じるようになったり、ひっかかりを感じたりといった症状が現れます。このような症状が原因で体を動かすことが億劫に感じるようになれば、日常生活にも支障が出ます。

また、半月板損傷の症状が進行すると、膝に水(関節液)が溜まってしまい、急に膝が動かなくなってしまう「ロッキング」という状態に陥ります。ロッキング状態になると歩くのも困難になるほど痛みが生じるので注意が必要。初期に正しい処置を行わず放置してしまった場合などには、膝に水が溜まって腫れてしまう「関節水腫」が起きたり、中高年になると「変形性膝関節症」を併発したりといった可能性も考えられます。

半月板損傷の治療方法

半月板損傷には、携帯によっていくつかの分類が存在するため、まずは問診で詳しい症状を確認することが必要です。「徒手テスト」と呼ばれる、膝に特定の動きを与えることで反応を見るテストを行い、その結果によって半月板損傷の疑いの有無をチェックします。もし疑いがあればMRI検査を実施。半月板はエックス線検査では写らないため、MRIによる高精度な確定診断が用いられることが主です。

診断の後、症状や患者の体質に合わせて保存的療法と外科的療法のどちらかを選択することになります。保存的療法では、サポーターやテーピングなどを利用し、患部を固定して抗炎症剤や鎮痛剤を用いります。患者の負担を軽減しつつ、良好な状態を保つのが目的です。同時にリハビリテーションも実施することで、軽症であれば改善が期待できます。

もしも保存的療法で改善しない場合や、症状がすでに重症化している場合には、外科的治療として関節鏡手術が選択されます。膝を小さく切開し、内視鏡を関節部分に挿入して行われる手術であり、体への負担は小さいのが特徴。半月板から損傷した箇所を切り取る切除術と、損傷部分を糸で縫い合わせる縫合術の2種類があり、近年では縫合術が選択されることが多く見られます。しかし損傷した半月板の状態によっては、縫合が難しいと判断できる場合に切除術が行われます。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分