MENU

CLOSE

変形性股関節症による関節痛の原因と症状

股関節のクッション役を果たしている軟骨が、摩耗などによって、骨盤の臼蓋と大腿骨の骨頭が変形することがあります。この変形によって痛みや動かしづらさ、両足の長さの違いが生じる病気が「変形性股関節症」と呼ばれるものです。
最初は立ち上がりや歩き始めに痛みを感じるようになり、進行するにつれて痛みが強くなるのが特徴。主に中高年を迎えた女性に起こりやすいとされている病気ですが、生まれつきの体質で股関節が傷みやすい人であれば、若年でも起こる可能性が考えられます。
このページでは、変形性股関節症の原因や症状について詳細にまとめています。

変形性股関節症の原因

大腿骨の「骨頭」と呼ばれる先端が丸い骨は、骨盤側のくぼんでいる「臼蓋」という部分にフィットしていることで、足が前後左右斜めに動かされています。歩くことで股関節にかかる負荷は、正常な状態であれば軟骨がクッションの役割を果たしているため大きな問題は起こりません。しかし加齢などが原因で軟骨が変形し、炎症を起こしてしまうことがあります。これが変形性股関節症のメカニズムです。

一般的には、体重が重くなるほど股関節へかかる負荷が大きくなるため、これが変形性股関節症の原因になると考えられています。また、臼蓋が小さすぎる「臼蓋形成不全」に気づかないまま長年過ごすことで、中高年になってから痛みが出る場合も。他にも「発育性股関節形成不全」の後遺症や、子どものときの病気・発育障害の後遺症も原因として考えられています。

近年は高齢社会化が進んでいるため、特に明確な原因となる病歴がない患者でも、年齢と共に変形性股関節症を発症するケースも少なくありません。

変形性股関節症の症状とは?

関節に痛みが生じる他、動かしづらさや両足の長さに違いが生じるのが代表的な症状となります。それに伴って歩きにくさも症状として現れます。

症状には段階があり、初期では起き上がるときや立ち上がったとき、歩き始めたときに何となく違和感が生じる程度。そこから症状が進行するにつれて、痛みが増したり痛みを感じる瞬間が増えたり、歩くこと・立つことがつらくなったりといった症状が増えてきます。

足の爪切りがしづらくなったり、靴下が吐きづらくなったりといった症状も、変形性股関節症の症状のひとつです。悪化すると、階段や車・バスの乗り降りをする際にも手すりが必要になるなど、日常生活に支障をきたすレベルの症状が生じます。

変形性股関節症の治療方法

まずは問診を行い、股関節の可動域を丁寧にチェックした後、エックス線検査を利用して診断します。必要に応じてCTやMRI検査なども行いながら、症状の進行具合を確定して治療に入っていきます。

関節は一生に一つだけのものですから、まずは日常生活と症状とを照らし合わせて、これ以上症状を悪化させないための予防を考えます。痛みの生じない生活を心がけながら、痛み止めの薬なども選択肢の一つとして取り入れます。

過体重が認められる場合には、ダイエットや杖の使用も症状を食い止める一助になるでしょう。早期の場合には股関節の負担をできる限り減らしながら、手術を行わない保存療法が有効とされています。

変形が進んでしまっている場合には、「人工股関節全置換術」でもともとの股関節を金属やセラミック、ポリエチレンを使用した人工関節に置き換えます。これにより痛みがほぼ取り去ることができ、左右の足の長さのずれも少なくなります。

ただし「人工股関節全置換術」は有効手段ですが、年月が経過するにつれて人工関節にゆるみが生じます。そうなると人口関節の入れ替えのための再手術が必要になります。動くと痛みが生じることから、体を動かすのをためらう患者が多くいますが、筋力の衰えは症状の悪化を招くため、適度なトレーニングも欠かせません。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分