MENU

CLOSE

リウマチによる関節痛の原因と症状

手指や足などの小さな関節に生じる痛みや腫れ…これらの症状で疑われる関節リウマチは、関節痛の代表格としても知られています。痛みや腫れの原因がもしもリウマチであった場合は、他の病気やケガとの区別が難しいため、専門的な医師による診察・検査が必要。関節リウマチは、細胞と細胞の間にある「結合組織」や血管に炎症が起こる、全身の病気です。
このページでは、リウマチの原因や症状、治療方法について解説します。

リウマチの原因

関節痛を引き起こす関節リウマチが引き起こされる原因は、人や症状によって様々。

しかしその一つとして、免疫機能の異常はポピュラーな要因とされています。免疫機能は本来であれば外敵から自分の体を守るために働く機能ですが、この免疫機能に異常が発生することにより、自分自身が攻撃される事態に陥ります。滑膜の異常な増殖や、その周りにある骨・軟骨の破壊が引き起こされるのが具体的な症状であり、中には関節の破壊が進行してしまうことで、変形が腫れのように見えてしまうこともあります。

免疫機能の異常として挙げられてはいますが、その免疫機能に異常が生じる原因は、いまだにはっきりと判明していません。統計的に見れば女性がかかりやすいとされている病気であり、発症は30~50歳代が多く見られます。

リウマチの症状とは?

リウマチの症状は多種多様です。関節がこわばる・痛みが生じるといった症状は、手足のような小さな関節で起こりやすいのが特徴。特に手の指なら第2関節と第3関節の間に症状が現れやすく、実際に多くのリウマチ患者に診られています。

足の指の付け根の関節に見られる痛みなども、関節リウマチに見られがちな症状の一つ。関節が腫れ、何かを掴んだり歩いたりといった動作の際に痛みが走ったり、手・指に力が入らず細かい作業がしづらいなども、関節リウマチによく見られる症状です。

ただしリウマチによる滑膜の炎症は、肩やひじ、股関節、ひざといった手足以外の全身の関節にも起こる可能性があります。膝の場合には、炎症が起きることで大量に滑液が分泌され、関節水腫となって膝が腫れてしまいます。股関節にも症状が現れることがあり、股関節の場合は破壊が始まれば進行スピードが速いため、強い痛みを感じるようになります。肩やひじに症状が出ると、初期は肩に痛みを感じるようになり、肩を上げづらいと感じる四十肩・五十肩に似た症状が現れます。肩関節・肘関節の破壊が進行すれば、腕が上がらなくなったり、肘が曲がったまま動かなくなったりといった症状も。

リウマチの症状は関節だけではなく、全身の倦怠感や疲労感、微熱が続くなどの症状にも表れることがあります。血管炎が生じてしまうと、弁膜症や心膜炎、心筋梗塞のように命に係わる症状も引き起こされるため注意が必要です。

リウマチの治療方法

関節リウマチやリウマチの症状を疑っているなら、まずはかかりつけの医師、もしくは近所にあるリウマチ科や膠原病科、整形外科を受診しましょう。

リウマチの症状は他の病気やケガとの区別が難しいため、リウマチを専門に治療している医師が在籍しているクリニックが心強いでしょう。リウマチの治療を行うにあたり、早期発見と早期治療が最も重要なカギとなります。リウマチの診断には症状や検査値だけではなく、医師の総合的な判断が欠かせないため、必要であればセカンドオピニオンも利用するのがおすすめです。

リウマチと診断された場合には、患者の体質や症状、ライフスタイルと照らし合わせながら、いくつかの治療方法を選択します。具体的には飲み薬や注射薬などの治療方法がポピュラーであり、発症してからなるべく早めに治療を開始することにより、高い効果が期待できます。もちろん発症から期間の経過した患者でも、適正な治療を行うことで症状の抑制が可能です。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分