MENU

CLOSE

坐骨神経痛の原因と症状

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びる長い「坐骨神経」が、さまざまな原因により圧迫や刺激されることで、痛みやしびれ、まひなどの症状があらわれることです。坐骨神経痛は、疾患名ではなく症状を表す言葉で、頭痛や腹痛と同じように使われます。多くの場合は腰痛に続いて発症して、次にお尻、太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みが現れます。
このページでは、坐骨神経痛について発症する原因や症状を解説しています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

坐骨神経痛の原因

背骨の腰の部分にある腰椎に異常が生じることで、坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けたりして発症する場合が多い坐骨神経痛。過度な運動を行ったり、長時間のデスクワークで運動不足になったりすることが原因で起こることもあります。
若い人は腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群、高齢の人は腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄などの疾患が原因になることが多くなっています。
腰椎椎間板ヘルニアも腰部脊柱管狭窄も、背骨の腰部分にある腰椎に異常が起こることにより神経根が圧迫されて、下半身に痛みやしびれを引き起こすのです。

腰部脊柱管狭窄症

背骨(脊椎)は、身体を支える役割がありますが、脳から背骨に沿って延びた神経(脊髄)を守る役割もあります。この神経が走っている背骨の隙間は脊柱管といいます。
腰部脊柱管狭窄は、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫されるもので、50代以上の中高年に多く見られる症状です。
老化などが原因で、脊柱管が狭くなり圧迫されて下半身に痛みやしびれ、麻痺、痛みによる歩行障害などが起こることがあります。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨(脊椎)は椎体とよばれる骨と、その間でクッションの役目をする椎間板が交互に積み重なっています。椎間板の間には髄核というゼリー状の部分があり、椎間板ヘルニアは何らかの要因によってこの髄核が押し出されてしまい、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されて痛みやしびれなどが起こるのです。
このような状態が腰まわりの背骨で生じたものが腰椎椎間板ヘルニアで、下半身に痛みが生じます。

梨状筋症候群・その他

梨状筋症候群は、お尻を横切るように付いている梨状筋という筋肉の中を走っている坐骨神経が、運動をしたり外傷を受けたりすることで圧迫されて起こる痛みのことを言います。
また、それ以外にも脊椎や脊髄のがん、骨盤内のがんも坐骨神経痛を引き起こすことがあります。

坐骨神経痛の症状とは?

お尻、足の後ろ側、すね、ふくらはぎにかけて痛みやしびれ、麻痺などを感じます。それ以外にも、張りや締め付け感、灼熱感をなどを感じる場合もあります。このような症状は足全体に強く出ることもあれば、一部だけに強く出る場合も。
症状を繰り返すたびに痛みが強くなり、歩くことや椅子から立ち上がることが難しくなることもあります。さらに症状が悪化すると、立っているだけで辛い、座っていても痛い、などの状態になり日常生活に支障が出る恐れが出てきます。
坐骨神経痛の原因の疾患として、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあります。腰部脊柱管狭窄症は腰を後ろにそらすと腰や足が痛み、腰椎椎間板ヘルニアは前かがみになったときに痛みを感じると言われています。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分