MENU

CLOSE

腱鞘炎の原因と症状

腱鞘炎は、指の付け根などが腫れたり痛みが生じたりするものです。近年、スマートフォンを長時間利用することで指を使いすぎてしまい、「ドケルバン病」と呼ばれる腱鞘炎や、指を曲げ伸ばすときに引っかかる「ばね指」と呼ばれる症状が起こる人が増えています。それ以外にも、手首に負担がかかる子育て中の人やキーボードを操作したりスポーツをしたりなどで指を酷使する職業の人も腱鞘炎になりやすいと言われています。
このページでは、腱鞘炎の原因や詳しい症状について詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

腱鞘炎が起こる原因

骨と筋肉をつなぐ組織を腱と言い、腱鞘は腱を包んで滑らかに動くように支える滑車のような働きをします。腱鞘炎は、腱と腱鞘がこすれ合って炎症を起こしてしまう病気です。腱鞘炎の主な原因は、手首や指の使い過ぎです。親指の使い過ぎで起こるドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と、親指だけではないばね指(弾発指)の患者が多くなっています。
腱鞘炎は、家事や楽器の演奏、テニスをするなど、手を酷使する環境が原因で起こることもあります。また、妊娠・出産期や更年期による女性ホルモンの変化も関係してくることがあります。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

親指を大きく広げたときに手首に出る2本の腱と、手首の背の部分にある腱鞘の間の摩擦によって炎症が起きることで発症するものをドケルバン病と言います。手の甲に腫れや痛みが起こったり、親指を曲げたり広げたりすると手首が痛んだりします。
親指の使いすぎで負荷がかかって、腱鞘が分厚くなり腱の表面に傷がついてしまうことなどが炎症の原因となるのです。負荷がかかり続けるとさらに刺激になってしまい、悪循環に陥ってしまいます。
手首の一部には、2つの腱を分けて通す隔壁がありますが、腱の数や隔壁の数には個人差があります。そのため、狭窄の生じやすさも個人差が出てきます。

ばね指

ばね指は、指を曲げ伸ばしするときにばねのような引っ掛かりを感じることで、慢性的に指を酷使してきた中高年に多く見られます。指の曲げ伸ばしをする腱と、腱が浮き上がるのを抑える靭帯性腱鞘の間で炎症が起こって発症する腱鞘炎の症状です。手のひら側の親指、人差し指、中指の付け根が痛む場合があります。

腱鞘炎の症状とは?

ドケルバン腱鞘炎は、手首の親指側が腫れて痛みが出ます。また、物をつかんだりにぎったりして動かすと、痛みがどんどん増していきます。症状は、ガングリオンなどの腫瘍がきっかけで出ることも。炎症が起こって腱がスムーズに動かなくなってしまうので、炎症が起こっている腱の近くの関節が動かしづらかったり、腫れてしまったり、動かすと痛みを感じたりすることがあります。
指の腱鞘炎が進行していくと、曲げ伸ばしが難しくなるばね指となります。指を伸ばそうとすると、引っかかってから音を立てて伸びるばね現象が起こるのです。親指に発症することが最も多いですが、3指や4指に出ることも。進行していくと、指が動かなくなってしまうこともあります。
予防のためには手や指(特に親指)の使い過ぎに注意することが大切です。手や指を使ったら、ストレッチを行いましょう。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分