MENU

CLOSE

肝がんの原因と対処方法

肝臓にできる悪性腫瘍・肝がん。このページでは女性より男性の発症率が高い傾向がある肝がんについてまとめています。どのような疾患なのか、またその症状や治療方法、予防方法などに関する情報を紹介しています。

肝がんとは?どんな疾患なのか

肝がんは肝臓にできる悪性腫瘍で、肝臓から発生した「原発性肝がん」と別の臓器から転移する「転移性肝がん」の2つに分けられます。この2つのうち、多いのが転移性肝がんとなっています。

また、原発性肝がんには、肝臓の細胞ががんになる「肝細胞がん」と、胆管の細胞ががんになる「胆管細胞がん」などがありますが、日本では原発性肝がんの90%が肝細胞がんであることから、「肝がん=肝細胞がん」という認識が一般的となっています。

肝がんは男性に多い傾向があるという特徴があり、国立がん研究センターの統計によると男性における部位別がん死亡数の第5位となっています。また、年齢別に見てみると、男性は45歳から増加、女性の場合は55歳から増加する傾向があります。

参考:国立がん研究センター(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html)

肝がんになる原因

肝がんの原因として多いのが、肝炎ウイルスによるものとされています。日本では、原発性肝がんの多くを占めている肝細胞がんの8割はC型肝炎ウイルス、また1割はB型肝炎ウイルスが原因で発症していることがわかっています。そのため、肝炎ウイルス検査を受けることが大切となっていますが、近年では抗ウイルス療法を用いることによってウイルス性肝炎が原因の肝がんは徐々に減ってきているようです。

他に肝がんのリスクとして考えられているのが、アルコールの過剰摂取や喫煙、さらに非アルコール性の脂肪性肝疾患です。この非アルコール性肝疾患の中の「非アルコール性脂肪性肝炎」は肝硬変や肝がんへ進行するケースが増えてきているとされています。

肝がんの症状

肝臓には自己修復機能・自己再生機能を備えていることもあり、がんが発生してもある程度進行するまでは自覚症状はほとんどないとされています。そのため、肝臓の機能が低下してはじめて症状が出てきます。これが、肝臓が「沈黙の臓器」と言われている理由です。

症状としては、食欲不振や全身のだるさ・疲れやすい、腹部膨満感など肝炎の症状が見られることが多いとされていますが、より肝がんが進行した場合には、黄疸や腹水、むくみ、便秘、下痢などの症状が現れてくるとされています。さらに、がんが発生した場所によってはみぞおち周辺にしこりを感じたり、お腹の圧迫感や強い痛み、貧血といった症状が見られることもありますし、末期の肝がんの場合は肝性脳症が見られることもあります。

肝がんの治療方法

肝がんの治療方法には、肝切除(肝移植)や穿刺療法、冠動脈塞栓術などが用いられています。

がんが発生している場所が局所的な場合には、肝切除による治療が最も適しているとされています。肝機能が良い場合には比較的大きながんでも切除することができるためです。この肝がんの切除には、がんに一番近い門脈の流れる領域の肝臓を一括して切除する「系統的肝切除」と、肝組織を可能な限り温存する「肝部分切除」の2通りの方法があります。手術を行う際には、患者の症状などに応じて適した切除方法を選択することになります。ただし、肝機能が低下して手術に耐えられない場合もあります。

また、腫瘍の大きさが3cm以下、個数が3個以下の場合には、穿刺療法も有効とされていますが、肝切除や穿刺療法が適応にならない場合には、冠動脈塞栓術などが検討されます。しかし腫瘍の大きさが4cmを超える場合には、肝臓内の血管などに目に見えないがん細胞が広がっているケースが半数以上とされているため、冠動脈塞栓術の効果も不十分となることが多いとされています。このような場合には、放射線治療などを行っていくことになります。

肝がんの予防

肝がんの予防に関しては、まず肝炎ウイルスに感染していないかどうか検査を受けることが重要とされています。検査を受けた結果慢性肝炎に罹患していると判明する方もいます。もし慢性肝炎に罹患している場合には、決して放置をせずに専門的な治療を受けることが必要です。

また、肝がんの予防に関しては「コーヒーをよく飲む人の場合、肝がんの発生率が低い」とするデータもあります。これは、1990年と1993年に、40〜69歳の男女およそ9万人に対してアンケート調査を行い、その後2001年まで追跡調査を実施した結果によるものです。

この調査結果からコーヒー摂取と肝がん発生率との関係について調べると、「コーヒーをほとんど飲まない人と比べてほぼ毎日飲む人では肝がんの発生率が約半分まで減少する」という結果が導き出されています。さらに、1日あたりのコーヒー摂取量が増えるほどに肝がんの発生率が減少し、1日5杯以上コーヒーを飲む場合には、発生率が4分の1まで減少している、という結果になっています。

一説としては、コーヒーが持つ炎症を抑える作用により、肝炎の進行を防いでいるのではないか、ともいわれていますが、実際のところはなぜコーヒーをよく飲む場合に肝がんの発生率が低下するのかという理由についてはよくわかっていないというのが現状です。

参考:国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について(https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/274.html)

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分