MENU

CLOSE

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の原因と対処方法

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、症状が現れないことが多い一方で肝硬変や肝がんに進行するリスクもある病気です。今回は、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の原因や治療法等を解説します。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)とは?どんな疾患なのか

脂肪肝はアルコールの飲みすぎによって引き起こされるアルコール性脂肪肝が有名ですが、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、飲酒歴がない人に起こる疾患です。

全国で1,000万人以上の患者がいるとされ、中年層の男性、高年層の女性に多く見られる傾向があります。

通常の血液検査では診断できず、腹部超音波検査(腹部エコー検査)を行って正常な臓器と比較する事で診断します。

非アルコール性脂肪肝(NAFL)と非アルコール性肝炎(NASH)に分けられ、どちらか判断するためには肝生検による組織診断が必要です。

非アルコール性脂肪肝(NAFL)

単純性脂肪肝で、病態がほとんど進行しないと考えられています。

非アルコール性肝炎(NASH)

非アルコール性肝炎(NASH)は非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の10~20%を占めており、脂肪肝が徐々に悪化して肝硬変や肝がんに進行することもあります。

脂肪肝の悪化には酸化ストレスや鉄過剰などが関係していると言われています。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)になる原因

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)になるのは、生活習慣の乱れが肝臓に負担をかけていることが原因と考えられています。

  • 肥満
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 高血糖
  • ストレス
  • 運動不足

メタボリックシンドロームの原因と共通するものが多く生活習慣病との関連も強く、さらに心筋梗塞や脳梗塞に進んでしまう動脈硬化とも密接に関係しています。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の症状

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、自覚症状を感じない人がほとんどです。

非アルコール性肝炎(NASH)が進行して肝硬変になって初めて症状が現れる場合もあります。肝硬変の症状には倦怠感、黄疸、むくみ、腹水などがありますが、肝硬変になる前に発見し治療を開始することが大切です。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の治療方法

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)では主に3つの治療を行います。

生活習慣の改善

食習慣や運動、睡眠など生活習慣を改善します。極端な食事制限をするのではなく、バランスの良い食事を意識しましょう。

食事療法で7%痩せることで非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は改善するという科学的根拠もあり、10%の体重減少では肝臓の線維化も改善するという報告もあります。

※参照元:国立研究開発法人国立国際医療研究センター肝炎情報センター公式HP(http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/shibousei.html#:~:text=%E4%B8%80%E8%88%AC%E3%81%AB%E8%82%9D%E8%87%93%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86,%E9%A0%AD%E6%96%87%E5%AD%97%E3%82%92%E5%8F%96%E3%81%A3%E3%81%A6)

薬物療法

ウルソデオキシコール酸やビタミンC・E、ポリエンホスファジルコリン(EPL)の投与、鉄制限食を行うことがあります。

合併症の治療

高脂血症や糖尿病などの合併症があれば、それに対する治療を行います。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の予防

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を予防するためには、生活習慣を改善することが第一です食生活を見直し、脂肪や糖の摂りすぎに注意します。

また、肥満も非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の大きな要因となりますので、自分の適性体重を確認しておきましょう。

適性体重の基準の1つが、BMIです。BMIは、「体重kg÷(身長m×身長m)」で計算し、適性体重は「(身長m×身長m)×22」で計算します。

BMIでの肥満判定基準は国により異なりますが、日本では以下のようになっています。

BMI値 判定
18.5未満 低体重
18.5~25未満 普通体重
25~ 肥満

また、ウエスト周囲の長さが増えていないかを普段から確認することも大切です。

定期的に血液検査や画像検査を受け、早期発見に努めましょう。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分