MENU

CLOSE

肋間神経痛と神経痛

神経痛の原因となる、肋間神経痛について解説しています。どのように発症し、どんな痛みを伴うのか、治療方法なども含めて解説しています。

肋間神経痛とは?どんな疾患なのか

肋間神経痛とは、胸椎から出て肋骨に沿って存在している神経に痛みが生じる症状を言います。肋間神経痛自体は疾患名ではなく、生じている痛みの症状のこと。痛む場所や範囲がはっきりと感じられるのが特徴であり、肋骨に沿って鋭い痛みを感じる症状が肋間神経痛と診断されます。

上半身の右側か左側にのみ起こることが多いという性質をもっており、痛み方は肋間神経痛の起きている原因によってそれぞれ異なります。脇腹や、背中から胸の全面までの範囲で痛みが生じます。

肋間神経痛が神経痛を引き起こす理由

肋間神経痛が痛みを引き起こす理由は、体の中で何が肋間神経痛のトリガーになっているのか、その原因によって異なります。ビリっと電流が走るような鋭い痛みであることもあれば、じくじくとしつこいような痛み、ヒリヒリとした痛みなど、様々な症状が考えられます。もしも胸椎椎間板ヘルニアが関連しているケースであれば、上半身を前後左右にまげたり、ひねったりすると痛みが強くなるという傾向が見られています。

痛みが出る箇所

肋間神経痛で生じる痛みは、背中から脇腹、畝の全面やおへそと言った広範囲にわたります。まれなケースで足の付け根にまで痛みを感じることもあります。肋間神経痛は上半身の右側か左側にのみ偏る傾向があり、左右両側に起こることは考えられにくいとされています。場合によっては息ができないほどの強い痛みを感じることもあります。

肋間神経痛になる原因

肋間神経はちょうど胸のあたりにある「胸椎」から出て、肋骨に沿って存在しています。脱臼や骨折、腫瘍といった理由で神経が損傷すると痛みが生じますが、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症といった他の病気により、神経が圧迫されて引き起こされることもあります。また帯状疱疹によって神経痛が引き起こされるケースも報告されており、原因は痛みの症状によって細かく異なると言って良いでしょう。

明らかに原因を解明できている場合は「症候性肋間神経痛」、明らかな原因がないとされる場合には「突発性肋間神経痛」と言われています。帯状疱疹の場合には、皮膚に赤いぶつぶつや水ぶくれが引き起こされています。

肋間神経痛の治療方法

肋間神経痛は「神経痛」として引き起こされている1つの症状であるため、その痛みの具合や原因によって治療方法は異なります。重症の肋骨骨折や、外傷で肋骨にダメージが加わって引き起こされた肋間神経痛でない場合は、薬物や外科的手術、リハビリテーションなどの方法を利用して治療が行われます。MRI検査や画像診断の他、帯状疱疹ウイルスの有無を確認するために、採血でウイルス抗体価を測定するケースもあります。

内服治療

原因がはっきりしない場合には、消炎鎮痛薬や神経痛薬などの内服治療を行い、痛みを抑えることを目的とします。

神経ブロック治療

神経痛を引き起こしている神経や、その近くに直接麻酔薬や神経を破壊する薬剤、もしくは神経の炎症を抑制するためのステロイド剤を注射して痛みを取り除きます。

運動療法

リハビリテーションやストレッチといった、体を動かす運動療法で症状の改善を試みます。

外科的手術

MRIなどの診断を経て、肋骨にダメージが加わって引き起こされていると判断されれば、外科的手術によって原因を取り除きます。

サイトキャラクター
カインくん

肋間神経痛のような脊椎疾患は、脊椎を支える筋肉が衰えることも原因なんだ。帯状疱疹を防ぐ免疫を高めるためにも、適度な運動習慣と規則正しい生活が大切だね。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分