MENU

CLOSE

腰痛症の原因と症状

日本で訴えの多いとされている症状の一つが腰痛です。腰痛を抱えている人の数は年々増加傾向にあり、女性では肩こりに次いで2番目に、男性では1番目に多い症状として知られています。
腰には「腰椎」と呼ばれる5つの骨がブロックのような形状で積み上げられています。腰痛の多くのケースは、この腰椎に負担がかかったり障害が起きたりしたことで発症するもの。このページでは、腰痛の原因や症状、治療方法などについてまとめています。

腰痛症の原因

腰痛が生じるメカニズムは、腰椎に負担や障害が生じたことによるものです。ただし腰痛にも様々なケースがあって、明確に腰椎の原因を特定できるパターンはわずか15%程度、ともされています。代表的な腰椎の原因として挙げられるのは、腰椎が直接的に障害されてしまった「圧迫骨折」や、「椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」など。その他にも細菌感染やがん、臓器や血管の病気なども原因として挙げられることがあります。
残り85%のパターンでは、レントゲンなどの検査を経ても、腰痛の原因がはっきり特定しづらいとされています。こうした腰痛では、生活習慣や日ごろ感じているストレス、不安、不眠といった心の状態が影響している可能性も考えられます。見た目にはわからない、神経の障害によって痛みが引き起こされている場合も考えられます。
原因が特定できるタイプの腰痛では、ヘルニアや細菌感染といった深刻な病気が隠れていることもあるため、早めに医師や専門家への相談が必要です。対して原因を特定できないタイプの腰痛では、冷え性や運動不足といった身体的影響から、ストレス・不安などの心理的影響、神経障害が考えられます。人によって様々なケースが考えられるため、一概にこれとは言えないのが現状です。

腰痛症の症状とは?

腰痛の症状は、文字通り「腰に生じる痛み」です。ただし原因が人によって様々あるように、原因によって腰の痛み方もことなります。例えば腰に重みがあるような痛みを感じることもあれば、激しい痛みを抱えることもあり、起床時や疲れたときなど、限定されたタイミングで腰痛を感じることもあります。
また、腰痛を抱えると腰だけではなく、腰からふくらはぎにかけて痛みやしびれを感じるなど、腰以外の部位にまで症状が及ぶこともあります。逆に安静にしていると楽になるといったことや、安静にしていても痛むことなども、腰痛の特徴の一つ。
まさに千差万別と言えるのが腰痛の症状ですから、医師や専門家に相談する際には細かな部分まで腰痛の症状を伝えるようにしましょう。腰だけではなく、腰以外にも痛みや違和感がないか要注意です。

腰痛症の治療方法

腰痛症は人によってそれぞれ異なる原因や痛み方をするため、治療も患者一人ひとりに寄り添ったものを考えます。まずは整形外科を受診して、命にかかわる病気が原因ではないことを確認しましょう。X線やMRIなどを行って腰痛の原因が特定できた場合にはそれに適した治療法を、もし特定できなかった場合には、心理・社会的要因や、神経障害性疼痛の可能性を考慮した上で治療法を選択します。
痛みの原因になっている疾患や、痛みの程度に合わせて薬剤を選択する「薬物療法」や、局所麻酔薬・ステロイド薬などで痛みをブロックする「神経ブロック療法」、運動やマッサージを通して代謝機能や身体機能を改善する「理学療法(リハビリテーション)」などが用いられます。また、痛みについての謝った認識を修正する「認知療法」や、痛みと行動の関係を知ることで、日常生活でできることを増やしていく「行動療法」を組み合わせた治療や、複数の診療科のドクターが連携する「リエゾン療法」が取られることもあります。
いずれの場合でも、腰痛は腰回りの筋肉を柔らかくしておくことで予防・改善が期待できます。腰痛ストレッチを行う習慣などをつけ、普段から腰痛を生じにくい生活を心がけましょう。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分