MENU

CLOSE

坐骨神経痛と神経痛

神経痛の原因となる、坐骨神経痛について解説しています。どのように発症し、どんな痛みを伴うのか、治療方法なども含めて解説しています。

坐骨神経痛とは?どんな疾患なのか

坐骨神経痛とは、お尻や足の後ろ側、ふくらはぎなどにかけた範囲にあらわれる、痛み・しびれ・まひといった症状のことを言います。「坐骨神経痛」と呼ばれていますがこれは疾患名ではなく、「頭痛」「腹痛」のように症状をあらわす言葉。腰から足にかけての範囲に存在している「坐骨神経」があらゆる原因によって圧迫・刺激されることで起こる症状です。

坐骨神経は身体の中でも下半身の多くを占める、非常に範囲の長い神経です。そのため症状が現れる場所は人によってそれぞれ異なり、治療する場合も方法は人によって異なります。病院で正しい診断を受けて、適切な治療方法を探しながらじっくり快方へ導く必要があります。

坐骨神経痛が神経痛を引き起こす理由

坐骨神経痛が痛みを引き起こしてしまう原因は、腰椎に異常が生じることによって、神経根が圧迫されてしまうことです。坐骨神経が影響を受け、下半身のあらゆる部位に痛みやしびれるような痛みを引き起こしてしまうのです。

痛みが出る箇所

坐骨神経痛による痛みが見られやすいのは、主に腰から足にかけた下半身全体です。一部分だけに強く痛みを感じることもあれば、足全体に強い痛みを感じるケースもあります。

  • お尻
  • 腰ふくらはぎ

以上の箇所に生じやすい坐骨神経痛は、腰や体を動かすことに連動して痛みを感じるケースもありますが、横になって安静にしている場合でも、お尻や足に痛みを感じてしまうことがあります。痛みを感じて眠れなくなり、睡眠不足に陥るケースも。立っているだけで痛みや締め付け感を覚えることもあり、日常生活に大きな支障を及ぼします。

坐骨神経痛になる原因

坐骨神経痛になる主な原因は、背骨の腰部分に存在する腰椎に異常が生じることです。坐骨神経が刺激をうけたり、圧迫されたりすることで起きる坐骨神経痛は、例えば

  • 激しく過度な運動
  • 長時間にわたるデスクワーク
  • 運動不足

といった日常習慣が原因で発症することがあります。そのため世代に関係なく、多くの人が坐骨神経痛になるリスクを背負っているのです。また、

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群
  • 腰椎椎間板ヘルニア

のような疾患が原因になることも考えられます。腰部脊柱管狭窄症のほとんどの発症者は50歳以上であり、重労働やスポーツ、長時間にわたるデスクワークが腰に負担をかけていることが主な原因として挙げられています。

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療方法は様々あります。まずは原因となっている疾患を的確に診断することにより、原因を突き止めてから本人に最も適した治療方法を探ります。主に問診・診察・画像検査を行った後、薬物療法や装具療法、運動療法など、患者に合わせた治療が行われます。

理学療法(リハビリテーション)

主に運動やマッサージなどを行うことによって、代謝機能の改善や身体機能の向上を目指す方法です。筋力増強訓練やストレッチで血流を改善することもあれば、組織を温める温熱療法や、低周波の電気刺激による電気刺激療法も提案されます。

薬物療法

非ステロイド性消炎鎮痛薬や、オピオイド、ステロイドなどの薬剤を利用して症状を改善に導く方法です。薬剤は病態や症状によってそれぞれ異なるものを使い分ける必要があります。

認知行動療法・リエゾン療法

痛いについての謝った認識を修正する「認知療法」に加えて、整形外科や心療内科・精神科といった複数の医師が連携する治療も合わせて行う方法です。行動日誌をつけたり、できる範囲の運動を行ったりします。

装具療法

コルセットのような装具を利用して、今感じている痛みをできるだけ軽減させる治療方法です。

外科的療法

坐骨神経痛には手術が行われることがほとんどありませんが、他の治療で効果が見られない場合や、膀胱・直腸に障害が見られた場合には手術の可能性も生じます。

サイトキャラクター
カインくん

ずっと同じ姿勢でいることの多い人や、運動不足の自覚がある人は特に注意しよう。適度な運動と健康的な生活習慣が大切だね。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分