MENU

CLOSE

【コラム】再生医療を検討する人へ

再生医療を検討してみたいという人向けに、再生医療とはどういったものなのか、どんな症状の人におすすめなのかなど、わかりやすくご紹介します。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

再生医療の基本や期待できる効果を一緒にみてみよう!

再生医療はこんな人におすすめ

再生医療とは、何らかの理由で失われてしまったり、傷ついてしまったりした体の組織や器官を元に戻す(再生する)ことを目的とする医療技術です。

現在の再生医療では、自身の幹細胞(様々な組織や器官に成長する力をもった細胞)を培養して利用する幹細胞治療や幹細胞培養上清液を用いた再生医療の治療方法が確立されつつあります。

一部を除いて再生医療は自由診療となっていますが、国内でも多くの医療機関で再生医療を受けることが可能です。将来的には今よりも幅広い疾患の治療に応用され、スタンダードな治療として治療法の選択肢の1つになっていくことが期待されています。

現在の対症的な治療ではなく根本的に治療したい人や、できる限り体に負担をかけずに治療したい人などに適した治療といえます。

幹細胞治療におすすめなのは

  • 糖尿病…インスリン注射などの対症治療が主となっている糖尿病ですが、幹細胞治療では、インスリンを分泌する膵島β細胞の機能回復や糖尿病による血管炎症の抑制など、糖尿病やそれに伴う合併症の根本的治療につながることが期待されています。
  • 関節…何らかの原因で損傷したり変形したりしてしまった関節の治療としては、不具合のある部分を切除し、人工関節に置き換える人工関節置換術が一般的となっていますが、幹細胞治療では、培養した幹細胞を患部に注射することで、手術をすることなく関節を修復し、機能を回復することが期待されています。
  • 美容…老化による肌機能の衰えなどでできてしまったシミやシワに幹細胞を投与することで皮膚表面の細胞活性化を促し、ハリツヤのある若々しい肌に近づける効果が期待されています。

幹細胞治療は、自由診療ではありますが、ケガや病気の根本的治療ができることや体への負担が少ないことなどのメリットがあります。これらの治療は厚生労働省から認可のおりている病院やクリニックで受けることが可能です。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

なるほど~、自由診療だけど、幹細胞治療だと色々な治療ができるんだなぁ。

わかりやすい!再生医療おすすめコラム

従来の治療とは一線を画す再生医療。今自分や家族が受けている治療でいまいち効果がでていなくて悩んでいる…再生医療を検討してみたい…といった人向けに再生治療についてのあれこれをわかりやすいコラムでご紹介します。再生医療の治療を検討する際の参考にしてみてください。

2型糖尿病患者のブログを参考にしてみよう

現在日本国内だけでも糖尿病を強く疑われる症状のある方は、約1,000万人と推計されています(厚生労働省「平成28年国民健康・栄養調査結果の概要」より)。治療のかたわら、糖尿病治療についてのブログを立ち上げて情報を発信している患者さんも多くいらっしゃいます。食事・運動療法、薬物治療、インスリン注射などを毎日続けなければならない治療は楽なものではありません。しかし、自分と同じ環境で治療を頑張っている人のブログなどをチェックすると、病気や治療について参考になる情報が得られたり、モチベーションが回復したりする場合もあります。最近では、糖尿病の再生医療についてのブログなどもアップされはじめているようです。一人で頑張りすぎず、同じ立場にある人の声を参考にしてみるのも治療を前向きに続けるために有効なことなのかもしれません。

インスリン注射で硬くなる皮膚…どうにかしたい

糖尿病治療に必要なインスリン注射ですが、長く接種していると皮膚が硬くなったり、しこりができたりという皮膚トラブルが生じる場合もあるようです。再生医療による糖尿病治療では、不足しているインスリンを注射で補うという従来の治療ではなく、インスリンを分泌する器官の機能回復や高血糖で傷んでしまった血管の炎症を抑えるなど、根本から糖尿病にアプローチすることを目的としています。そのため、再生医療により血糖コントロールが正常になれば、インスリン注射が必要なくなる場合もあるようです。

人工関節置換術の費用は?手術を決める前に…

股関節や膝関節の損傷や変形の治療として確立されている人工関節置換術は、保険適用の治療ではあるものの、手術・入院にかかる費用は安いものではないようです。また、手術に抵抗がある人も少なくありません。近年では再生医療による手術をしない関節治療も可能となってきました。関節の手術治療に不安や抵抗を感じている場合には、人工関節置換術を決断する前に再生医療での治療を検討してみるのもよいかもしれません。

再生治療の治験ってどうやって受けるの?

再生治療をはじめ、私たちが医療機関で受ける治療や薬などは、臨床試験が行われ、その安全性や効果が確認されてはじめて提供される仕組みになっています。この臨床試験を治験といい、国内外で日々数多くの治験が行われており、希望があれば治験の対象者となることもできるようです。治験について詳しい情報を得たい場合には、治験ポータルサイトをチェックするとよいでしょう。

脊髄損傷の治療について

交通事故などで脊髄に損傷を受けた場合、これまでは損傷の被害を最小限に留めることを目的とした治療が行われてきましたが、2000年代以降は損傷部位を修復する再生医療が注目されています。
脊髄損傷は、例えば脊髄のC2〜C5の間に損傷を受けると呼吸に使われる筋肉と四肢または全ての筋肉の麻痺が起こるように、どの部位にダメージを受けるかによって症状が異なってきます。しかし、再生医療を行うことによって例えば感覚障害や歩行障害、失語症、言語障害などさまざまな障害の改善が期待されています。

脳卒中の治療

脳にある血管が詰まってしまうことで血液が行き届かない、脳の血管が破けて脳神経が破壊されてしまう脳卒中。「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」の3種類に分かれています。日本における死亡原因第3位となっている脳卒中は、発症後に寝たきりの状態になったり麻痺などが残るケースも非常に多い疾患です。
この脳卒中の後遺症の治療として、近年再生医療が注目されています。自身の骨髄由来の幹細胞を採取・培養して投与することによって、運動障害や言語障害、感情や行動の改善について期待されています。

薄毛の治療

毛周期の異常や血液循環の不良、男性ホルモンの影響などによって起こる薄毛の治療には、薬物療法や注入治療などが行われています。他にもLEDの勝者はPRP毛髪療法など、さまざまな最新の薄毛治療が開発し、導入されて続けているという点も特徴。
最近では、自身の脂肪から幹細胞を抽出・活性化させて頭皮に注入して発毛を促す再生医療も注目されています。これは、幹細胞を注入することで細胞の活性化や血管を新しく作ることで頭皮の血流改善などによって、毛髪の再生ができると期待されています。

肝障害の治療

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓は、障害が起きていても自覚症状がないため、障害が進んでいるというケースが多く見られます。肝障害が起きており治療が必要と判断と判断された場合には、肝障害の原因を突き止め、その原因にあった治療が選択されます。
ここのところ、この肝障害についても再生医療が注目されるようになってきました。患者の脂肪から採取した幹細胞を培養して点滴投与することによって障害を受けてしまった肝臓の修復が期待できます。これまでの治療法の場合は、ダメージを受けた肝臓を修復することができないという面から、修復が期待される再生療法に注目が集まっています。

動脈硬化症の治療について

体内の動脈の壁が厚く・硬くなっている状態のこと。動脈硬化が進行してしまった場合、血液がどんどん通りにくくなってしまうために、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。動脈硬化症の原因は高血圧や脂質異常症、生活習慣などといった要因があり、治療方法としてはその原因を取り除くことが優先されます。
その中で、動脈硬化症に対しても再生医療分野が注目されています。体内で損傷してしまった部位の細胞を活性化させることにより、衰えた組織の機能を引き戻してくれることにより、動脈硬化症の進展予防が期待されているという面があります。

アトピー性皮膚炎の治療について

かゆみや痛み、肌の角質かといった症状の回復と悪化を繰り返すアトピー性皮膚炎。環境的な要因や心理的な要因など、さまざまな原因があるとされている疾患であり、治療には長い時間を要するケースが多くなっています。
繰り返し症状が出てくるアトピー性皮膚炎の治療として、近年再生医療が注目されています。自身の脂肪から取り出した幹細胞脂肪によって、傷ついた神経細胞を修復したり、過剰な免疫応答を抑えるなどして、アトピー性皮膚炎の炎症を抑えることが期待されています。

変形性膝関節症の治療について

男性よりも女性が多く、年齢を重ねるごとに罹患数が増える傾向がある変形性膝関節症。段階を経て症状が悪化し、最終的には歩行や階段の上り下りができなくなるだけではなく、安静にしていたとしても痛みを感じるようになる疾患です。
この変形性膝関節症の治療においては、運動療法や手術療法のほかに再生医療も用いられています。自身の脂肪から採取した幹細胞を用いることで損傷部位に対して新しい組織を作ることにより、膝関節の強張りや痛みを緩和させることが期待されている治療方法です。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分