MENU

CLOSE

インスリン注射で硬くなる皮膚…どうにかしたい

糖尿病の治療でインスリン注射を行っている患者さんは少なくありません。インスリン注射は自分自身で行う自己注射が一般的ですが、その接種方法によっては、皮膚が硬くなる、しこりができるなどのトラブルが生じることもあるようです。ここでは、インスリン注射で起こりやすい皮膚トラブルやその予防法をはじめ、再生医療による糖尿病治療まで詳しくご紹介します。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

インスリン注射で起きる皮膚トラブルを一緒に調べてみよう!

固くなった状態はインスリンボールと呼ばれる

糖尿病のコントロールにインスリンの自己注射が欠かせない患者さんは少なくありません。インスリン注射の方法は医療機関にてレクチャーされますが、慣れるにつれてどうしても自分の打ちやすい部分や痛みの少ない部位に接種しやすい傾向があるようです。

インスリン注射を同じ部位に接種し続けてしまうと、その部分にインスリン由来のアミロイドという成分が溜まってしまい、硬い腫瘤のようなものができてしまう場合があります。これを「インスリンボール(正式名称:インスリン由来アミロイドーシス)」といい、正確な発生頻度は不明ですが、インスリン注射歴の長い患者さんのうち数パーセントの患者さんに発生しているともいわれているようです。

インスリンボールができてしまった部位にインスリン注射を接種した場合、正常な部位に接種した場合と比較し、インスリンの吸収率が悪くなることが明らかになっています。これはインスリンボール部位は血流が低下しているためです。インスリンの吸収が悪くなると、血糖コントロールが不安定になってしまい、結果としてインスリン投与量を増やさなくてはならないという悪循環が生じてしまうのです。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

インスリンからできた塊だからインスリンボール…名前があるとは知らなかった!

皮膚が固くなる理由

インスリン注射で皮膚が固くなってしまうのは、いつも同じ部位にばかり接種してしまうことが原因のようです。

インスリン注射を同じ部位に接種し続けていると、インスリンボールやリポハイパートロフィー(接種部位の脂肪が変化して肥大し、固くなったもの)という状態になりやすいとされています。

また、インスリンボールやリポハイパートロフィーの部位への注射は、正常な部位への注射に比べて痛みが少ないため、無意識に同じ部位に注射してしまうという心理的傾向もみられるようです。

そのため、インスリン注射を接種する際には同じ部位に続けて接種しないなど、正しいインスリン注射の接種方法を守ることが重要であるとされています。

インスリンボールは治るの?

インスリンボールはその大きさにもよりますが、自然と消失するものもあれば切除が必要となるものもあるようです。

しかし、インスリンボールができないに越したことはありません。インスリンボールを防ぐためには、前回接種部位から2~3cm程度ずらしながら接種するのがポイントです。また、インスリン注射は腹部に接種するのが一般的ですが、太ももや上腕などへの接種も可能となっているため、インスリン注射の接種部位について気になる場合には、主治医に相談してみるのもよいかもしれません。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

インスリン注射歴が長くなってくると、同じ場所に打たないように注意していても、どうしても重なってしまったり、少しでも痛みの少ない場所に打ちたくなったりしちゃうよね…

糖尿病にも再生医療という選択肢がある

糖尿病には1型と2型があり、1型はインスリンを分泌する膵島のβ細胞が何らかの原因で破壊されてしまうために発症する糖尿病で、インスリン注射が主な治療法です。一方、2型は肥満などに起因する生活習慣病の1つとされており、食事療法や薬物療法、必要に応じてインスリン注射を組み合わせながら、血糖コントロールを行っていきます。

糖尿病自体は自覚症状が目立ちにくい疾患ですが、血糖コントロールがうまくいかない状態が続くと、血管に炎症が起き、網膜症や腎症、神経障害、壊疽、脳・心筋梗塞などの合併症を引き起こし、命に関わる場合もあるのです。

糖尿病の血糖コントロールにインスリン注射は大きな効果を発揮していますが、病状や個人差によりインスリン注射だけでは血糖コントロールが不安定という人もいます。

近年、従来の糖尿病治療では治療効果が思わしくない場合などには、再生医療による糖尿病治療という選択肢もでてきています。

自身の幹細胞を培養して投与する幹細胞治療では、インスリンを分泌する膵島β細胞の修復や機能回復、幹細胞から分泌される炎症抑制因子による糖尿病合併症の抑制などの治療効果が期待され、効果の程度によってはインスリン注射が必要なくなる場合もあるようです。幹細胞治療は厚生労働省の認可のある医療機関で受けることができます。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

幹細胞治療って糖尿病の治療も期待できるんだ!薬やインスリン注射を続けていても血糖コントロールがうまくいかない場合には、幹細胞治療を検討してみるのもいいかもしれないね。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分