MENU

CLOSE

2つ目の幹細胞治療「幹細胞培養上清液」

カインくん

いっしょに
勉強しよう!

「幹細胞培養上清液」って?
「幹細胞培養上清液」って?

培養で発生した大事な成分を有効活用

幹細胞培養上清液とは、幹細胞を増殖してできた培養液の上澄み部分を指します。この上清液を投与する治療が近年注目されています。
上清液の中には、培養幹細胞から分泌された成長因子や遺伝子関連成分など、有効成分が豊富に含まれており、それらが体内へ作用します。
幹細胞培養上清液の1番の特徴は、幹細胞そのものを含まないこと。幹細胞を直接投与する培養幹細胞治療と大きく異なる点でもありますが、「幹細胞が発した成長因子が体内へ働きかける」という仕組みは同じで、効果も同等であると言われています。

監修・取材協力
C&G銀座クリニック院長大森隆史先生

C&G銀座クリニック

院長大森隆史 先生

1954年大分県出身。九州大学工学部大学院合成化学専攻修士課程修了後、医学の道を志し同大学医学部へ入学。様々な臨床現場に従事し、幹細胞の可能性に気づき研究を重ね、2020年にC&G銀座クリニックを開院。幹細胞治療の医療としてのレベルを高めることを目指し、診察や研究に従事している。

C&G 銀座クリニック

C&G銀座クリニック

治療の当日に検査も行う
効果が数値で確認できるクリニック

C&G銀座クリニックは血液解析プログラムを開発し、幹細胞培養上清液の投与直後30分で治療効果を数値化するサービスを唯一取り入れているクリニックです(2020年7月時点)。その数値をもとにしたオーダーメイドの幹細胞培養液治療を行っています。当サイトでは、多くの人に幹細胞培養上清液を知っていただくため、データに基づいた治療で幹細胞培養上清液をリードしているC&G銀座クリニックに監修・取材協力を依頼しました。

幹細胞培養上清液の効果

幹細胞培養上清液に期待される効果としては、糖尿病や糖尿病合併症、関節症、AGA(壮年性脱毛症)や育毛、エイジングケアなどが挙げられます。 これらの疾病やお悩みに対して、幹細胞培養上清液に含まれている複数の成長因子が作用し、血流改善や幹細胞の活性化、増殖・再生の促進、組織の再生促進などの効果を発揮することが期待されているのです。

治療データでみる
幹細胞培養上清液の糖尿病への効果

C&G銀座クリニックとAD.Stem Cellの研究による幹細胞培養上清液の糖尿病への効果(血糖値とインスリン値の変化)

AD.Stem Cellによる糖尿病患者6名への治療データ

カインくん

血糖値が減少してインスリン値も上昇してるね。

先生からのコメント

C&G銀座クリニック院長大森隆史先生

血糖値だけでなく合併症改善にも期待

この試験は、2型糖尿病患者と健常者それぞれ数名に対して、幹細胞培養上清液の点滴投与を行い、その投与前後の血液データを比較したものです。どちらのグループにおいても、投与前よりも投与後の血糖値が低下し、インスリン値が上昇。平均して血糖値が約30mg/dl低下、インスリン値が約185μU/ml上昇という結果が得られました。
このことから、幹細胞培養上清液に含まれる成長因子によって、インスリンの分泌の促進、あるいは血管のコンディションを整えたことによるインスリン吸収率の上昇などにより、血糖値がコントロールされたと考えられます。
また、幹細胞培養上清液は抗炎症効果も明らかになっており、神経障害など糖尿病の合併症改善にも効果が期待されています。

細胞に働きかける!
幹細胞培養上清液に含まれる成長因子たち

EGF
上皮増殖因子

しみ・くすみ改善・
ターンオーバー促進

肌の上皮などさまざまな細胞の成長・再生・修復に関与し、皮膚のターンオーバーを促し、くすみの予防に効果を発揮する。

VEGF
血管内皮増殖因子

育毛・発毛

細胞の分裂を誘導し、もとある血管から枝分かれした新たな血管の形成に働く。毛乳頭細胞においては血行を改善し育毛を促す。

TGF-β
トランスフォーミング増殖因子

抗炎症・創傷治癒

細胞の増殖・成長や運動性を調整し、ダメージ部分の治癒や炎症や免疫機能にも役割を果たす。

HGF
肝細胞増殖因子

組織再生

タンパク質の合成、炭水化物の変換、外性物質の解毒・排出に関わる幹細胞を増殖するよう促す。

KGF
ケラチノサイト増殖因子

育毛・発毛

分裂を促進し、髪の毛や皮膚が形成される際に必要なケラチンの生成をアシストする。

IGF
インスリン様成長因子

肌の弾力アップ・皮膚再生・育毛

壊れた細胞の再生を助ける作用により、新しい皮膚の細胞を生み出し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増殖する。

PDGF
血小板由来増殖因子

細胞の増殖・細胞分裂促進

間葉系幹細胞の増殖を調整し、組織のダメージを修復・再生する助けをする。

TIMP
MMP阻害因子

しわ・肌の劣化抑制

MMP(タンパク質を分解する酵素の一種)によるコラーゲンやエラスチンの分解を抑制する。

FGF2
線維芽細胞増殖因子

皮膚老化抑制・コラーゲン産生促進

真皮の線維芽細胞の分裂を活性化させ、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を増やす。

IL-7
インターロイキン7

免疫系増強

細胞増殖を促進し、生存・増殖・成熟に重要な調節因子。

GM-CSF
顆粒球単球コロニー刺激因子

血液系細胞の産生促進作用

多能性造血幹細胞に分化を促し、免疫調節因子としても機能する。

EPO
エリスロポエチン

赤血球の産生促進効果

骨髄中幹細胞に作用し、赤血球の産生を促す造血因子。

TSG-6
抗炎症液性因子

抗炎症作用・軟骨保護作用

炎症を抑えるほか、動脈硬化に対する治療薬として着目されている成長因子。

LIF
白血病抑制因子

血小板産生促進作用

白血病細胞の増殖を阻害する因子。骨代謝や造血細胞の増殖などを促す。

PGE2
プロスタグランジンE2

育毛・発毛

毛上皮細胞の増殖・活性化に作用し、育毛や発毛を促す。

TPO
造血因子

血小板増加作用

血液系細胞の増殖および分化を促進し、血小板の増加を促す。

全ての成長因子の働きを見る

幹細胞培養上清液に効果が期待されるお悩み

糖尿病

糖尿病

糖尿病に対して、不具合が起きている膵臓などの細胞や血管内皮細胞に成長因子が作用し、組織の再形成や炎症抑制、血管新生などによって糖尿病やその合併症の治療効果が期待されています。関与する成長因子は、VEGF、HGF、IGF、TIMP、EPOなどです。

美容

美容

老化によるシワやたるみなどのエイジングケア、肌あれやニキビなどの美肌ケアには、コラーゲンやエラスチンを分泌する線維芽細胞に働きかけるFGF、PDGF、IGF-1などの成長因子の作用が期待されています。 また、新しい皮膚細胞を形成するEGF、VEGFなどの成長因子にも、シワやたるみなどの改善効果が期待されているようです。

関節痛・疼痛

関節痛

股関節やひざなどの関節の変形や損傷は、EGF、TGF、IGF-1、PDGF、VEGFを中心とした抗炎症や損傷組織の増殖・再生に働く成長因子による症状の改善や痛みの緩和が期待できます。患部への直接注射もしくは点滴による投与が行われます。

育毛

育毛

AGA(壮年性脱毛症)や薄毛など毛髪のお悩みには、IGF-1やPDGF、HGFなどの成長因子などによる作用が期待できるとされています。これらの成長因子は、育毛に深く関わっている毛母細胞の血行を促進し、栄養を行き渡らせ、頭皮のコンディションを改善。細胞レベルから毛髪のお悩みにアプローチします。

免疫機能

免疫機能

幹細胞に含まれている成長因子には免疫制御作用があり、IL-7を中心とした成長因子が、アトピー性皮膚炎や関節リウマチなど自己免疫疾患の症状緩和に役立つことが期待されています。

不妊

不妊

従来の不妊治療の効果が出にくい場合、幹細胞治療の適応となる場合があるようです。幹細胞に含まれるEPOやFGF2、IGF、VEGFなどを中心とした成長因子の働きによって正常な卵胞の発育や精子形成の促進などにより、流産率の低下や妊娠率の上昇が期待されています。

幹細胞培養上清液の治療方法

導入方法

点滴

点滴

糖尿病や虚血性心疾患、肝機能疾患などの全身性疾患や疲労回復、傷の治癒促進などには幹細胞培養上清液を点滴によって静脈投与する方法が一般的です。血流によって全身に幹細胞培養上清液が行き渡り、不具合のある部位の修復や再生、活性化などが期待できます。

注射(局所投与)

注射(局所投与)

関節症などの場合には、損傷や変形などの不具合が生じている部位に直接幹細胞培養上清液を投与する局所投与が一般的です。成長因子が投与された部位の幹細胞に働きかけ、症状の改善や痛みの緩和などが期待できます。

イオン導入

イオン導入

イオン導入は主に、美容目的での幹細胞培養上清液治療に用いられている投与方法です。皮膚表面のバリア機能を微弱な電流によって一時的に緩め、そこに幹細胞培養上清液を導入していきます。こうすることで皮膚表面に塗布するだけよりも肌の奥深くまで成分を送り届けることができ、より高い効果が期待できるのです。

この他にも、育毛治療を目的とした頭皮注入、美容治療を目的とした水光注射、塗布などの投与方法もあります。場合によっては複数の投与法を組み合わせて行うケースもあるようです。

カインくん

悩みによって導入方法が違うんだね!

費用相場

点滴
1回 30万円~
注射
10万円~
イオン導入
1ml 2万円~

幹細胞培養上清液の治療は、いずれの導入方法であっても自由診療のため、クリニックによって治療費用に差があります。治療内容とともに費用についても事前にチェックすることをおすすめします。

先生からのコメント

C&G銀座クリニック院長大森隆史先生

培養幹細胞治療より低コストで受けられる

幹細胞培養上清液の導入方法は、より効率的に治療効果を得るために治療目的によって違いがあります。どの方法でも1回から治療は可能ですが、より高い効果を得るためには数回の治療を行うことが望ましいでしょう。
同じ幹細胞治療でも、幹細胞培養上清液は培養幹細胞治療より治療費が安く済むことが大半です。どちらも同等の効果が期待できますが、幹細胞培養上清液の方がリーズナブルかつスピーディな治療が可能と言えます。

培養幹細胞と
幹細胞培養上清液の違い

  • 培養幹細胞
  • 幹細胞培養上清液

治療の流れ

培養幹細胞

自分の体内から幹細胞を採取し、
体外で4~6週間かけて培養・増殖させる

幹細胞治療

培養した幹細胞を投与する

どのように効くのか

幹細胞を投与する

培養幹細胞治療がどのように効くのか

治療技術

投与後のコントールが難しい

快適な環境で培養された幹細胞は、元気いっぱいの状態です。しかし、体内の細胞は体調によって日々コンディションが変動するもの。投与する幹細胞と、投与される体内のギャップが発生する場合があります。生きている人間に、生きている細胞を投与するため、投与後の作用を完璧に予測・コントールする必要があります。

費用目安

200万円以上

培養幹細胞の治療は、自由診療です。自分自身の幹細胞を採取し培養する工程がある分、幹細胞採取料や培養料、さらにその保管料などが治療費用に加算される場合があり、医療機関によって費用の幅があります。

副作用

  • 脂肪採取部の皮下出血、創部の痛みや感染
  • 腫瘍化の可能性

摂取方法

  • 培養幹細胞の点滴
  • 培養幹細胞の局所投与・注射

治療の流れ

一般的なクリニック

既に培養された幹細胞上清液を投与

既に生成された幹細胞培養上清液を投与

C&G銀座クリニック

既に培養された幹細胞上清液を投与

オリジナル開発した
幹細胞培養上清液を投与

血液解析プログラムで効果の具合を即日診断

独自の血液解析プログラム
効果を判断する

独自開発の
血液解析プログラムとは

幹細胞培養上清液を投与する直前直後に採血をし、治療効果をたった30分で診断できるシステム。4段階で評価され、その結果にあわせてオーダーメイドの治療を検討できるようになっています。

治療のbefore&afterの数値の変化で効果を確認できるんだね!

カインくん
CLOSE

どのように効くのか

幹細胞ではなく、
成長因子を投与する

幹細胞培養上清液がどのように効くのか
幹細胞培養上清液がどのように効くのか

治療技術

一般的なクリニック

上清液の作る場所と使う場所が違う

細胞を含まず、液中の成分を固定できるので、投与後の作用はある程度予測ができます。ただし大半の場合は、幹細胞培養上清液を生成する培養施設と、患者さんへ治療するクリニックが別の機関です。治療結果にあわせた上清液のカスタマイズまでは出来ませんが、培養施設から一定の品質のものが提供されます。

C&G銀座クリニック

自社で研究したオリジナルの上清液

C&G銀座クリニックで利用する幹細胞培養上清液は、作る場所と使う場所が同じ組織内で、院長が代表を務める培養施設との共同研究で製造しています。そのため、どんな体調・体質の方でも一定の働きが期待できるように、上清液中の成分がオリジナル調整されています。

費用目安

一般的なクリニック

30ml 1,500,000

1mlあたり50,000

幹細胞培養上清液は、すでに生成されているものを用いるため、幹細胞治療のような採取料などが必要ありません。そのため、幹細胞治療に比べて治療費用を抑えることができます。

C&G銀座クリニック

30ml 495,000

1mlあたり16,500

クリニックと一環した施設で培養されているため、相場よりも安く幹細胞培養上清液を提供することが可能です。

副作用

  • アレルギー
  • 現在感染症がある場合の悪化
  • 培養幹細胞
  • 幹細胞培養上清液
カインくん

幹細胞培養上清液は培養幹細胞治療に比べて、治療がスピーディで、副作用が少ないんだね。C&G銀座クリニックなら、点滴治療を受けた当日に効果を数字で見せてくれるんだって!すごいサービスだね。C&G銀座クリニックの公式サイトへ

C&G銀座クリニック
オーダーメイドの幹細胞上清液治療を提供

C&G銀座クリニックでは、幹細胞培養上清液を用いて、糖尿病や痛み、免疫疾患、美容、毛髪などさまざまな悩みに対し、静脈投与・局所投与(注射)・イオン導入などの治療を行います。
独自の血液解析プログラム(2020年7月現在特許申請中)によって治療効果をわずか30分で診断し、その結果に合わせた治療方針を個々にオーダーメイドで提案。治療の本格スタート前に、幹細胞培養上清液の効果を確認することができます。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分
電話番号 03-3538-6082
診療時間 10:00~13:00 / 14:00~19:00
休診日 水曜・日曜

幹細胞培養上清液と他の治療の違い

幹細胞培養上清液の由来による違い

歯髄
歯の中心にある歯髄から採取した幹細胞で生成される間葉系幹細胞培養上清液です。硬いエナメル質や象牙質で囲まれているため、外部からの影響が少なく、質の良い間葉系幹細胞が得られるのがメリット。成長因子をより多く含む乳歯を用いることが多いようです。
骨髄
ヒトの骨髄から採取した幹細胞で生成されます。脊髄損傷による神経症や機能障害の改善、血液疾患の治療で使用されることが多い間葉系幹細胞培養上清液です。採取が難しく、痛みが伴うため、厚生労働省から治療についてのガイドラインが出されています。
臍帯血
胎児と母体をつないでいた臍帯(へその緒)に含まれる血液から採取した幹細胞で生成されます。臍帯の入手が困難であることや採取できる量が少ないことなどがデメリットですが、胎児の発育に必要な栄養が多く含まれているため、高い効果が期待されてる間葉系幹細胞培養上清液です。
脂肪由来
脂肪組織中に含まれる幹細胞から生成された間葉系幹細胞培養上清液です。以前は骨髄からの幹細胞採取がスタンダードでしたが、研究が進んだ近年では、より負担が少なく、多量の採取が可能である脂肪からの幹細胞採取が多くなっています。

他の再生治療との違い

PRPとの違い

PRP(多血小板血漿)は、自分の血小板や白血球に含まれる成長因子による組織修復作用を利用した再生医療です。幹細胞培養上清液と違い、これ以上分化することのない成分を培養なしで使う点がメリットとされています。元々は皮膚科分野で用いられていた治療ですが、今ではスポーツによるケガなどを中心とした整形外科分野でも応用されるようになってきました。

iPS細胞との違い

幹細胞培養上清液は、ヒトの体に元々存在している幹細胞(体性幹細胞)を培養して生成されたもので、分化できる細胞は限られています。一方、iPS細胞は「万能細胞」ともよばれ、あらゆる細胞に分化する能力を持っているのが特徴です。ヒトの体に存在している幹細胞から作成できる点は共通しているものの、iPS細胞は4つの遺伝子を導入、遺伝子操作をして生成される点が大きな違いとなっています。また、万能細胞ゆえに意図せぬ細胞に分化してしまったり、腫瘍化してしまったりという副作用や莫大な生成費用がかかることなどが課題となっているようです。

先生からのコメント

C&G銀座クリニック院長大森隆史先生

脂肪由来幹細胞の実用化が進む

採取の負担が少ない、成長因子の種類が多い、増殖しやすいなど、メリットが多いことから、幹細胞培養上清液で多く用いられているのは脂肪由来幹細胞です。血小板の成長因子を利用するPRPよりも対象疾患の幅が広いというのもポイントとなりますね。iPS細胞の誕生は再生医療にとって大変有意義なものではありますが、現在のところまだ治療への実用化には課題があるようです。このようなことからも、治療法が確立され始めてきた幹細胞培養上清液による治療は、今後さらに身近な医療になっていくでしょう。

幹細胞培養上清液の副作用やリスク

考えられる副作用

  • アレルギー
  • 治療前から罹患している感染症の悪化
  • 低血糖

リスク

  • 穿刺部位の赤み
  • 腫れ
  • かゆみ
  • 内出血
  • 発疹

治療を受けられないケース

様々な疾患やお悩みへの効果が期待されている幹細胞培養上清液ですが、「1型糖尿病の方」「がん治療中の方」「妊娠中の方」「甲状腺疾患をお持ちの方」は安全性等の理由から、治療不可となっています。

先生からのコメント

C&G銀座クリニック院長大森隆史先生

治療プロセスが少ない分、副作用リスクも少ない

幹細胞培養上清液には、幹細胞そのものは含まれていません。そのため、幹細胞そのものを投与する培養幹細胞治療に懸念されているような「腫瘍化」や「拒否反応」といった副作用リスクが低い点がメリットです。また、幹細胞の採取や培養といった治療プロセスも必要ありません。

カインくん

なるほど!副作用もすごく気になることだから、わかりやすく教えてもらえて心配が減ったよ。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分