MENU

CLOSE

幹細胞培養上清液の副作用やリスク

幹細胞治療よりも手軽に受けることができる幹細胞培養上清液治療ですが、やはり治療を検討している人にとって、副作用は気になるものではないでしょうか。ここでは C&G銀座クリニックの監修のもと、幹細胞培養上清液の副作用や治療を受ける際の注意点などについて詳しくご紹介します。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

手軽に受けられるっていうけど、やっぱり副作用は気になるよね…

C&G銀座クリニック院長大森隆史先生(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」監修)
大森隆史先生

そうですね。どんな医療行為であっても副作用がゼロと言い切れるものはありません。ただ幹細胞培養上清液は細胞そのものを使わないため、副作用リスクは非常に少ない治療法です。ぜひ治療を検討している方は、心配な点を減らしてくださいね。

幹細胞培養上清液の副作用の可能性

アレルギー

幹細胞培養上清液の治療でアレルギーが起こる可能性は大変稀なこととされていますが、元々アレルギー疾患を持っている場合や、薬剤アレルギーがある場合には副作用リスクが生じる可能性が懸念されるため、医師との相談が必要です。

現在感染症がある場合について

感染症などがある場合には、幹細胞培養上清液の投与によって、症状が変化する可能性があるため、治療を希望する際には医師と相談の上、感染症が治癒してからの治療が望ましいとされています。

幹細胞培養上清液のよくある疑問

ダウンタイムは必要?

幹細胞培養上清液の治療では、基本的にダウンタイムは必要ありません。

投与方法によっては投与後に赤みや発疹、内出血、腫れ、熱感などが現れる場合がありますが、数日で消失するものです。

ずっと通い続けるの?

幹細胞培養上清液による治療は、自身の幹細胞採取や培養といった治療プロセスが必要ないため、受診した当日に治療を受けることが可能なクリニックが多くあります。

ただし、より高い効果を望む場合には複数回の投与が必要であるため、納得のいく治療効果が得られるまで通院となることもあります。

食事制限はある?

基本的に幹細胞培養上清液の治療にあたって食事制限の必要はありません。ただし体調を整える意味では、バランスの良い食事を摂ることが望ましいでしょう。

他院での施術直後でも治療できる?

幹細胞培養上清液を美容目的で行う場合、顔そりやピーリング、脱毛、まつ毛エクステ、まつ毛パーマなどは前日から控えておくようにしましょう。

また、レーザー、フォト、注射などの施術を受けた場合には、肌トラブルのない状態での治療をするため、2週間経過してからの治療となります。

培養幹細胞治療の副作用は関係ないの?

培養幹細胞治療は、自身の幹細胞を採取し、4~6週間かけて培養したものを再び体内に戻すことで疾病や症状の治療効果が期待できます。

一方、幹細胞培養上清液は、培養した幹細胞を取り出した後の上澄み液に、滅菌などの処理を施して生成された薬液を疾病や症状の治療に用いるものです。つまり、幹細胞培養上清液には、幹細胞が含まれていません。

体外から細胞投与をする治療には、腫瘍化や拒否反応などの副作用リスクが伴うものですが、幹細胞培養上清液は細胞を含まないため腫瘍化リスクが極めて少なく、その点が培養幹細胞治療との大きな違いです。

  • 培養幹細胞治療:幹細胞を含むので腫瘍化リスクがある
  • 幹細胞培養上清液:幹細胞を含まないので腫瘍化リスクが少ない
C&G銀座クリニック院長大森隆史先生(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」監修)
大森隆史先生

幹細胞培養上清液に幹細胞が含まれないからといって、効果が無いのではありません。上清液中には幹細胞から分泌されたサイトカインや生理活性物質が豊富に含まれており、培養幹細胞治療と同等の治療効果が期待されています。

培養幹細胞治療の主な副作用

培養幹細胞治療は幹細胞を投与する工程の前に、培養のもととなる幹細胞を体内から摂取する手術があります。大がかりではありませんが、その手術に対する副作用リスクも考えられます。

幹細胞培養上清液のNG事項

以下に該当する場合には幹細胞培養上清液の治療が適応外となります。

  • Ⅰ型糖尿病の方
  • ガン治療中の方
  • 妊娠中の方
C&G銀座クリニック院長大森隆史先生(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」監修)
大森隆史先生

服用中の薬や、現在の治療中の疾患との兼ね合いもあるので、幹細胞培養上清液の投与前には、クリニックの医師の問診をしっかり受けるようにしましょう。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分