MENU

CLOSE

1つ目の幹細胞治療「培養幹細胞」

美容や関節の不調など、様々な医療分野において効果が期待されている幹細胞治療。しかし、気になってはいるけれど、治療についての不安や疑問があって治療に踏み切れずにお悩みの人もいるのではないでしょうか。ここでは、幹細胞治療の治療方法や治療費用、副作用リスクなどについて、C&G銀座クリニックの監修のもと、より確かな情報を詳しくわかりやすくお届けします。

そもそも幹細胞とは?

人間の体は60兆個という膨大な数の細胞が集まって作られますが、そのスタートはたった1個の受精卵です。母親の胎内で受精卵は細胞分裂を何度も繰り返し、様々な組織や器官を形作る。これを「分化」といいます。

様々な組織や器官に分化していく細胞が「幹細胞」とよばれ、分化して血液となる「造血幹細胞」、組織や器官になる「間葉系幹細胞」などが存在します。

幹細胞が放出する成分がポイント

幹細胞は、分化する際に成長因子という、細胞の成長・増殖に必要な生理活性たんぱく質などを放出します。放出されたサイトカインには損傷を受けた組織や細胞の修復を促す働きがあり、この働きが幅広い医療分野における幹細胞治療に応用されているというわけです。

幹細胞と終末分化細胞の違い

人間の体には幹細胞と対照的な細胞として「終末分化細胞」とよばれる細胞もあります。終末分化細胞は分化が完了し、組織や器官として働いている細胞のことです。血液細胞、脂肪細胞、骨細胞、筋細胞、血管細胞などが終末分化細胞にあたります。

現在の再生医療では、この2つの細胞を利用して、組織や器官の再生や、ケガや病気の根本的な治療などに役立てられているのです。

幹細胞の種類と再生医療

幹細胞治療に用いられている幹細胞は、「体性幹細胞」と呼ばれています。元々人間の体に存在している幹細胞という意味です。つまり、血液になる造血幹細胞も組織や器官になる間葉系幹細胞も「体性幹細胞」ということになります。

そして、実は人の手によって作り出された人工的な幹細胞も存在しています。それが「ES細胞」と「iPS細胞」です。 これら3つの幹細胞について比較してみます。

体性幹細胞
  • 元々人間の体内で存在している幹細胞
  • 倫理的問題はなし
  • 分化能力はあるが万能ではない
  • 副作用は少ない
ES細胞
  • 受精卵から培養して作られる幹細胞で様々な組織や器官に分化できる
  • 本来胎児として成長するものなので倫理的に問題あり
  • 万能細胞ゆえに意図しない細胞に分化したり、腫瘍化したりするリスクがある
iPS細胞
  • 成熟した体細胞の遺伝子を操作して人工的に未分化状態に戻して作られる幹細胞
  • ES細胞同様、様々な組織や器官に分化できる
  • ES細胞で問題となっていた倫理面をクリア
  • 万能細胞ゆえに意図しない細胞に分化したり、腫瘍化したりするリスクがある

それぞれ特徴が異なる3つの幹細胞ですが、人工的に作り出されたES細胞とiPS細胞は、倫理上の問題や副作用リスクの問題があるため、現段階では一般的な再生医療として確立されていません。人間の体内に元々存在している体性幹細胞のみが再生医療として治療法が拡大されつつあるのが現状のようです。

間葉系幹細胞と再生医療

再生医療に応用されている体性幹細胞のうち、脂肪や骨、筋肉、血管などの細胞に分化していく能力をもっているのが間葉系幹細胞です。

もともと人間の体内に存在している幹細胞なので、ES細胞やiPS細胞のような万能細胞ではありませんが、免疫調節機能を備えているため、移植をおこなった場合の拒絶反応が起こりにくいのが特徴です。

少し前まで、間葉系幹細胞は骨髄からの採取が主でしたが、負担が大きい割に採取できる量が少ないことなどのデメリットがありました。その後再生医療の研究が進むにつれて、脂肪由来の間葉系幹細胞に骨髄由来のものと同等の能力があることが明らかになり、より負担が少なく多量に採取できる脂肪からの幹細胞採取が注目されるようになったのです。

こうして明らかになった脂肪由来の間葉系幹細胞の応用によって、幹細胞を用いた再生医療は大きく前進しました。

C&G銀座クリニック院長大森隆史先生(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」監修)
大森隆史先生

脂肪からの幹細胞採取・培養がスタンダードになりつつあることで、幹細胞治療は大きく前進しました。体性幹細胞はES細胞やiPS細胞のような万能細胞ではありませんが、人間が元々備えている細胞だからこそ免疫抑制機能があり、副作用リスクが少なく治療に応用することができるのです。今後さらに再生医療の研究が進み、幹細胞治療を必要とする人が1人でも多く治療を受けられるような医療環境になってほしいものです。

培養幹細胞治療に期待される効果と働き

培養幹細胞治療は厚生労働省に再生医療として認められている治療法です。

クリニックが治療を提供するには、厚生労働省へ第二種再生医療等の登録が必要となり、実際に登録されたクリニックの治療には糖尿病治療・関節痛や変形性関節症治療・頭髪脱毛症・自己免疫疾患の治療などがあります。

各疾病に培養幹細胞がどう働きかけるのか、仕組みをチェックしましょう。

培養幹細胞治療の方法や流れ

培養幹細胞治療の流れ

培養幹細胞治療は、幹細胞を含む自分自身の脂肪を採取し、それを培養して再び体内に投与する再生医療の1つ。治療方法や流れは、治療部位や医療機関の治療プログラムなどによって多少の違いはありますが、脂肪の採取→培養→投与の流れで行われるのが一般的です。

その他、培養幹細胞治療は高度な技術と安全性の確保が必要となる非常にデリケートな治療であるため、事前説明やカウンセリングなどの診察、適応診断、ウイルス検査などが入念に行われます。また、投与後のモニタリングも効果や安全性などをチェックするうえで重要なため、定期的な通院が必要となる場合が多いようです。

まずは一般的な培養幹細胞治療の方法と流れをみてみましょう。培養幹細胞治療の中でも、脂肪由来の幹細胞治療についてご紹介します。

1.診察・カウンセリング

培養幹細胞治療の目的・治療方法・リスク・期待される効果・治療の流れなどについての詳しい説明やカウンセリングを行います。説明を受けた後、治療を希望する場合には、同意書に署名をして治療のスタートとなります。

治療にあたっての不安や疑問はこの段階でしっかりと聞いて理解・納得しておくことが望ましいでしょう。

2.事前検査

血液検査による適応診断(治療ができるかできないかを判定するもの)やウイルス検査(B型肝炎・C型肝炎・HIV・HTLV-1など)を行います。医療機関によっては、がん検診(PET検査・腫瘍マーカー検査など)を併せて行う場合もあるようです。

3.脂肪採取

培養幹細胞治療の流れの解説イラスト

局所麻酔下をした上で、下腹部を1~2cm切開し、5~10gの脂肪を採取します。脂肪採取にかかる時間は1時間程度です。

医療機関によっては、脂肪ではなく皮膚を採取し幹細胞を培養する場合もあります。その場合には耳の後ろの皮膚を採取することが多いようです。

4.幹細胞培養

採取された脂肪を遠心分離して脂肪幹細胞を濃縮し抽出します。その幹細胞を栄養豊富な培地に混ぜ、必要な数の幹細胞になるまで培養します。

培養にかかる期間は個人差がありますが、おおよそ4~6週間です。培養完了後は速やかに凍結し、厳格な品質管理のもと保存されます。

5.投与日決定

培養中の幹細胞の状態に合わせて、投与日を決定します。しかし、中には幹細胞の培養が順調に進まないなどの問題が生じる場合もあるようです。こうした場合には幹細胞培養を中止し、再度脂肪を採取するところからやり直すこともあります。

6.幹細胞投与

培養幹細胞治療の流れの解説イラスト

いよいよ十分に培養された幹細胞の投与です。幹細胞の投与は、治療部位や医療機関によって方法が異なります。

点滴による静脈内投与、局所注射、美容目的の投与の場合には水光注射(専用の医療機器を用いて皮膚の浅い部分に穿刺、広範囲にまんべんなく投与する)などの方法があります。

投与にかかる時間の目安は、点滴による静脈内投与はゆっくりと1時間程度、膝や関節などへの局所注射は10分程度、水光注射は20分~30分程度です。

7.モニタリング(予後検診)

投与前後での変化や安全性、効果の具合などをモニタリングして評価していきます。

カインくん(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」レポーター)
カインくん

培養に6週間!!早く治療したいときは、待ちきれなくてソワソワしそう…

C&G銀座クリニック院長大森隆史先生(「よくわかる幹細胞治療 ステムセル百科」監修)
大森隆史先生

確かに1日も早く治療したいと思っている患者さんにとって6週間はとても長い時間かもしれませんね。しかし、この6週間という培養期間は、治療に適した正常な幹細胞をしっかりと育てるためにはどうしても必要なんです。

6週間待てないという方や脂肪採取手術が不安という方は、幹細胞培養上清液を使った治療を検討してみるのもよいかと思います。幹細胞培養上清液なら、培養期間なく治療を開始できます。

培養幹細胞治療の費用

培養幹細胞治療のほとんどは保険適応外の自由診療となるため、高額な治療費用がかかります。そのため、培養幹細胞治療を受けてみたいけれど、どれくらいの費用がかかるか不安でなかなか治療に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。

培養幹細胞治療の費用は、治療部位や回数、投与量などによって治療費用に大きな幅があり、費用相場は数十万円~数百万円ともいわれています。また、医療機関によって治療費用やその内訳には差異があるようなので、事前によく確認することが必要です。

培養幹細胞治療の副作用リスク

どのような医療行為も副作用リスクがゼロというものはありません。治療による大きなメリットが期待できる培養幹細胞治療も同じです。

培養幹細胞治療では、幹細胞を得るため脂肪採取手術、培養した幹細胞の投与それぞれの治療過程においていくつかの副作用リスクがあるとされています。

副作用の発症は個人差や病状などにより左右されますが、治療を受けるにあたっては、事前に医師の説明をしっかり聞くなど、副作用リスクについて理解・納得した上で治療に臨むことが望ましいです。

C&G銀座クリニック
痛み・しびれなどの関節痛・神経痛・筋肉痛、糖尿病の合併症などに対する治療に取り組んでいます。

引用元:https://cg-ginza.jp/medical/

C&G銀座クリニックでは、デトックス療法・サプリメント等を用いて、疼痛緩和、糖尿病の合併症、免疫疾患などさまざまなお悩みに対し、治療を行っています。

所在地 東京都中央区銀座2丁目8-19FPG links GINZA 4・5階
アクセス 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩1分